スキニージーンズが危険!?コンパートメント症候群|慢性と予防法

150629_skinny_jeans_compartment_syndrome

〝スキニージーンズ〟
脚にピッタリとフィットし
ラインがくっきりと分かるタイトなジーンズで
その細身で美しいシルエットが魅力です

このスキニージーンズ
英王室のキャサリン妃がよく履いていることで
流行に火が付いたらしいですが(知らんかったけど^^;)
これを履くことによって
人生を棒に振ってしまう可能性もある危険性が発覚です(*゚Д゚)

Sponsored Link


スキニージーンズに筋肉損傷や神経障害を起こす危険性が!?

イギリスの医学誌に
スキニージーンズを履いて
長時間しゃがんでいると
筋肉や神経に障害が起き
歩行困難になるという
衝撃の論文が発表されました

この論文には35歳の女性の症例が取り上げられていています
詳細は、この女性がスキニージーンズを履いて
家族の引っ越しを手伝っていた際に
食器棚から物を取り出すために数時間しゃがみ続けていました
すると、夜になって自宅に帰る途中
 足の感覚が麻痺し、つまずいて転倒、そのまま動けなくなった という事です

彼女はすぐに病院に運ばれましたが
両足のふくらはぎは、ジーンズを切断しなければ脱がせなれないほど腫れ上がり
血液が循環せず、膝から下の感覚は無くなり
足首や指を動かせなくなっていました
幸い、この女性は手当てが早かったため大事に至りませんでしたが
それでも、元通り歩けるようになるまで4日もかかったそうです

すぐに病院で治療していなければ
この女性は、一生、歩行に支障をきたす神経障害に陥っており
更に、筋肉の損傷は腎臓の損傷につながる可能性もあったとのことです

いったい、これはどういった理由で起こるのでしょうか?
誰にでも有り得ることなのでしょうか?

実はこの女性には
スキニージーンズを履いた窮屈な状態で長時間しゃがんでいたことで起こった
コンパートメント症候群〟という診断が下っています

Sponsored Link


下腿コンパートメント症候群とは?

〝コンパートメント症候群〟とは何なのでしょうか?

まず、〝コンパートメント〟とは〝区画〟という意味があります
腕や脚の筋・血管・神経は
骨・筋膜・骨間膜に囲まれて一つのまとまった形をしており
ここで言うコンパートメントは、この区画のことを差し
 下腿(膝から足首まで)には筋膜に囲まれた4つのコンパートメント があります

このコンパートメント内に、大きな衝撃などで出血が起きると内圧が上昇し
細動脈を圧迫、あるいは閉塞し
筋肉や神経に血液が遅れなり、循環不全が生じます
すると、筋肉や腱や神経組織は壊死状態となり
この状態が続くと、元に戻らなくなってしまうのです

症状としては
  • 筋肉の腫れ(下腿の場合、前面であることが多い)
  • 痛み
  • 動脈拍動の減少または消失
  • 蒼白くなる
  • 知覚の異常
  • などがあります

    スキニージーンズを履いて、長時間しゃがむなどすることで起こる
    コンパートメント症候群は、下腿コンパートメント症候群になりますが
    当然、大きな衝撃を受けて起こる分けではありません
    脚への締め付けの強いスキニージーンズを履いた上に
    長時間しゃがんだままでいる事などが重なり
    圧迫され、血液の循環不全が起こり
     筋肉や神経が壊死 してしまうという事なんですね

    当然これは、締め付けの度合いにもよるでしょうし
    履いている時間、しゃがむなどの他の要因にも影響されるでしょう
    しかし、締め付けの強すぎるスキニージーンズを履いていれば
    特にしゃがむなどの付加的要素がなくても
    同様の事は起こってしまうかもしれません

    慢性コンパートメント症候群

    上でご紹介したコンパートメント症候群は
    急性コンパートメント症候群というものなのですが、実は
    慢性コンパートメント症候群というものもあるんです

    慢性コンパートメント症候群は、労作性コンパートメント症候群ともいい
    同じ動作を繰り返す運動などで発症しやすくなります
    年齢的には40歳以下の人によく起こり
    マラソンなど陸上競技全般、水泳、テニス、サッカーなどの運動で
    発症リスクが高くなっています
    また、頻繁に激しいトレーニングをしていると発症する可能性は高まります

    運動を慢性コンパートメント症候群の関連性は
    はっきりとはしてないようなのですが
  • 特定の運動を繰り返し行っている
  • 筋膜が厚い
  • 筋肉が肥大している
  • 血管内圧が高い
  • といった事が発症リスクを高めると言われています

    また、慢性コンパートメント症候群の症状は
  • 運動時の痛み
  • 運動時の筋けいれん
  • 動かし辛くなる
  • しびれ
  • 筋肉の膨張
  • などです

    痛みやけいれんは
    運動を止めて30分くらいで消失する事が一般的ですが
    原因になる活動を続けると
    運動を止めた後でも痛みが長時間続く傾向にあります

    下腿コンパートメント症候群の予防法

    〝下腿コンパートメント症候群〟の予防には
     下腿三頭筋のストレッチが有効 です
    特に運動前に入念なストレッチをすることで
    筋肉の急激な炎症を防ぐことができます

    また、下腿(膝から足首)に大きな負担がかからないよう
    意識して運動することでも予防効果があります

    慢性型のコンパートメント症候群を発症してしまった場合で
    症状が軽度の場合は
  • 運動を中止する
  • アイシングをしながら安静にする
  • マッサージやストレッチを行う
  • などといった保存療法を行うことで症状が軽減されます

    急性型の場合は組織が壊死すると再生ができないため
    迅速な処置が必要となるため、直ちに病院にかかる必要があります

    スキニージーンズを原因とするコンパートメント症候群ですが
    これは、スキニージーンズを履かないという選択肢が一番です
    しかし、どうしても履きたい場合は
    締め付けの強すぎないもの
    そして、伸びの無いハードな素材ではなく
    良く伸びるストレッチ素材を選ぶのが良いでしょう

    そして、しゃがむなど
    脚を圧迫するような姿勢を長時間取らないように気を付けることです

    まとめ

  • スキニージーンズとは脚にピッタリとフィットするタイトなジーンズ

  • スキニージーンズは、英王室のキャサリン妃がよく履いていることで流行に火が付いたらしい

  • スキニージーンズを履いて長時間しゃがんでいると、筋肉や神経に障害が起き歩行困難に陥る危険性がある。これを〝コンパートメント症候群〟という

  • コンパートメント症候群は、大きな衝撃を原因をする事が多いが、長時間の圧迫により起こる事もある

  • コンパートメント症候群には、急性と慢性がある

  • 慢性コンパートメント症候群は40歳以下の人に多い

  • 〝下腿コンパートメント症候群〟の予防には、下腿三頭筋のストレッチが有効

  • スキニージーンズを履くなら、良く伸びるストレッチ素材を選び、脚を圧迫する姿勢を長時間取らない
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    アタマジラミ?感染経路は?病院は?専用くしで!洗濯とかは?
    インフルエンザ予防接種いつまで?2015ワクチンが変わる|効果は?
    熱中症にかかりやすい人|運動の目安|熱射病や日射病との違い
    アタマジラミは学校に報告?大人も感染?まつ毛とまゆ毛は?ヘアーキャストって何?
    痛みは他人に分からない!測定方法は無い?数値化できるペインビジョン
    子供のゲップが異常に出るのはストレスから|呑気症の治し方
    喉が痛い原因はリンパ腺?リンパ節炎って?病院は何科を受診?
    インフルエンザ予防接種に健康保険は?費用は?定期と任意と集団接種
    耳のすぐ下や裏の腫れ|これって癌?粉瘤?意外な原因とは?
    子供の頻尿は膀胱炎?ストレスが原因|心因性の対処方法
    痛み止めボルタレンとロキソニンの効き方|量と間隔|酒は控えた方がいい?
    子供の平熱は上がることがある?理由は?|微熱って何度から?
    微熱と咳が続き胸も痛む|発熱4日ルール|肺結核|マイコプラズマ肺炎
    薬を使わない口内炎の治し方|塩うがい|歯磨き粉|鼻呼吸
    インフルエンザで市販の解熱剤は飲んだら危険?大丈夫?

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑