東海地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報に個人的予想

180522-tuyu-aiti-ajisai-gamou

東海地方の梅雨入り、梅雨明けは平年で6月8日と7月21日になります。

そして昨年は梅雨入りが6月21日と相当遅く、逆に梅雨明けは7月15日と早く、かなり短めの梅雨となりました。

さて、今年の東海地方の梅雨はどんな感じなのでしょうか?

他の地域の梅雨明けにつてもリンクを貼っておきます
沖縄・奄美地方の梅雨明け
九州地方の梅雨明け
四国地方の梅雨明け
中国地方の梅雨明け
近畿地方の梅雨明け
北陸地方の梅雨明け
関東甲信越地方の梅雨明け
東北地方の梅雨明け

Sponsored Link

東海地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報

まず最初に、ここで言う東海地方とは、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県の4件を指します。

東海地方の梅雨入りは速報値(実は確定するのは9月頃)で6月6日でした.

これは、平年より2日早く、昨年より2日遅い梅雨入りです。

速報値?平年って何だらぁ(´・ω・`)?って方は
コチラを先にどうぞ ⇒ 平年並みって?・・・・
 

気象庁の長期予報では、東海地方の6月は前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年にくらべ曇りや雨の日が多く、降水量はやや多い見込みです。

7月に入ると平年より曇りや雨の日は少な目で、後半はグンと晴れの日が多くなる感じです。

今年も梅雨明けは早くなりそうな見解ですね。

また、7月後半は気温もかなり高くなる予想です。
 

平成30年の東海地方の梅雨明けはいつ?ウェザーニューズ予想と見解

次に世界最大の民間気象情報会社であるウェザーニューズの見解を見てみましょう。

平年よりやや遅めの6月中旬に梅雨入りし、ジメジメ、ムシムシの梅雨空に。

そして6月後半は、梅雨前線が活発化して大雨の恐れがありそうです。

7月に入っても前半は梅雨空が続き、雨や曇りの日が多く、梅雨末期には大雨の恐れもあります。

しかし、7月中旬には梅雨明けの見解です。
 

そして、ウェザーニューズはズバリ梅雨明け予想しています

そんなウェザーニューズが予想した東海地方の梅雨明けは!ヽ(゜∀゜)
 

7月17日頃

夏休みになる前から夏空全開!

2018年 東海地方の梅雨明けはいつ?過去のデータで個人的予想

それでは、最後に過去のデータからだけで私が独断と偏見で予想してみます

こんな感じで予想 ρ(._.〃) 根拠ナシ

1968年から去年まで50年間の梅雨の中で、今年の東海地方の梅雨入り速報値に近い年(前後2日)をピックアップ
そして、ピックアップされた年の梅雨明け日を拾い出し、その平均を取ってそれを予想日とします。
たった、それだけの予想ですが、結構あたります。
東海地方
6月4日~8日に梅雨入りした年
年     梅雨入り  梅雨明け
1973年  6月06日  7月05日
1975年  6月05日  7月15日
1976年  6月05日  7月21日
1977年  6月07日  7月20日
1979年  6月07日  7月23日
1980年  6月08日  7月21日
1984年  6月08日  7月19日
1985年  6月08日  7月14日
1988年  6月08日  7月30日
1992年  6月07日  7月19日
1994年  6月07日  7月11日
1996年  6月08日  7月11日
2001年  6月05日  7月02日
2004年  6月06日  7月13日
2006年  6月08日  7月26日
2012年  6月08日  7月23日
2014年  6月04日  7月21日
2016年  6月04日  7月28日
今 年  6月06日
平 年  6月08日  7月21日

該当日は50年中、たった18年もありました。

以上から、私の予想する今年の東海地方の梅雨明けは

7月17日

ウェザーニューズと全く同じです。
 

ひょっとしたら、同じ方法で予想しとるんじゃにゃーの?
 

※当記事は気象庁及び株式会社ウェザーニューズが発表した情報を元に作成しています。
・気象庁 ⇒ http://www.jma.go.jp/
・ウェザーニューズ ⇒ http://weathernews.jp/

追記:結果発表

東海地方の梅雨あがあけました。

結構、早い

7月9日

平年よりも12日早く、昨年よりも6日早く、九州北部、中国、近畿、北陸と同時の梅雨明けです。

ウェザーニューズの予想は7月17日、私の予想も7月17日でしたので、どちらも大ハズレでした。
 

他の地域の梅雨明けも含め、どれくらいの的中か整理しておこうと思います。

■ 的  中   1 沖縄
■ 誤差2日以内 1 九州南部
■ 誤差5日以内 1 奄美
■ 誤差5日以上 6 九州北部、中国、近畿、東海、北陸、関東甲信
軒並み早い梅雨明けで、予想は散々な結果です。
 

まとめ

  • 去年の東海地方は梅雨入り平年より13日遅く、梅雨明けは平年より6日早かった

  • 気象庁予報は、東海地方の6月は平年より雨が多く、7月は少な目の予報

  • ウェザーニューズの東海地方の梅雨明け予想は7月16日と昨年と同じくやや早め

  • 私個人の予想する東海地方の梅雨明け予想は7月17日

  • 2018年(平成30年)の東海地方の梅雨明けは7月9日
  •  
     

     

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    北陸地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報と個人的予想
    ゲリラ豪雨って何?原因は?|スコールとの違い|夕立との違い
    東北地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報と個人的予想(北部・南部)
    台風の量産工場モンスーンジャイア?北海道上陸と10号逆走の原因
    台風12号が復活?熱帯低気圧と温帯低気圧と|進路予想は週末日本へ
    2018四国地方の梅雨明けはいつ?気象庁予報や個人的予想
    2018九州地方の梅雨明けはいつ?気象庁予報と個人的予想(北部・南部)
    関東地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報や個人的予想
    爆弾低気圧とは?台風と何が違う?進路予想とかしないの?
    平年並みって?梅雨入り梅雨明けは普通いつ頃?誰が決める?北海道は梅雨が無い?
    晴れてるのに大雨警報が解除されない 全く降ってないのに発令された
    中国地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報と個人的予想
    日本の最高気温ランキング40℃超|今年の8月は?|猛暑日?真夏日?夏日?熱帯夜?真夏の気象用語
    今と昔の暑さを最高気温で比較|どう変わった?今年の8月は記録的?
    18号が抜けても関東は記録的大雨!線状降水帯|台風17号が挟み撃ち!!

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑