海水浴に絶対必要な鉄板グッズ|遊び道具に便利グッズ

150530_kaisuiyoku_syuno-keru_ukiwa_onnnanoko

本州最初の海開きは、例年は和歌山は南紀白浜からで5月3日に既に開かれています。
けど、今年は2017年は7月15日からの海水浴場開設のようです。

けど、まぁ7月に入る頃には一気に全国の海水浴場が海開きを迎えますね。
とっても楽しみです(^^)

今日は、海に持っていくグッズについて、絶対いるもの、あると楽しい遊び道具、あると便利なものと用途分けしてご紹介していきますね

Sponsored Link

海水浴に絶対必要な鉄板グッズ

ハイ!それではまずは海水浴に行くなら、これは絶対いりますというものをザクッと紹介していきます

水着、着替え、バスタオル、ハンドタオルなんかは当然です!

ビーチパラソル
異常に暑い近年の夏、ビーチパラソルは必須です
パラソルを立てるベースは必要ありません
砂にグリグリして挿してる方が風には強いんです
スコップとか砂を掘るものがあると立てるのに便利ですよ
海の家で借りれば設置してくれます
値段は場所によって色々ですが、1,000円~2,000円くらいでしょうか
パラソルは角度を変えられるタイプがお薦めです。

敷物
なるべく大きいものを
端っこを留める金具は、砂浜では役に立ちません
重いものを乗せたほうが良いでしょう

日焼け止め・日焼けオイル
真夏のビーチの日差しは殺人的です
朝でも夕方でも、ほんの短時間でもガッツリ焼けてしまいます
何もせずに1日中いるなんて自殺行為
焼きたくないなら強い日焼け止めを

焼きたい人でも綺麗に焼けるようにオイルは必須

サングラス
真夏のビーチはパラソルの下にいても眩しいもの
そして、有害な紫外線は肌だけでなく目にも悪影響を与えます
しっかりUVカットのサングラスで目を保護しましょう
出来れば偏光グラスのサングラスが、目が疲れなくていいです
あと色は余り濃くないものがいいらしいですよ!
偏光グラスって何ですのん?って人はコレ読んで ⇒ 偏光サングラスの説明

ビーチサンダル
別になくてもよさそうな気もしますが無いと大変!
真夏の砂浜の表面温度は70℃くらいにまでなるんです
正に鉄板!熱くなりかけてる鉄板くらいです
忘れると砂浜で靴を履くか、常に砂浜に足をねじ込むか
常にピョンコ、ピョンコ跳ね回っていないといけなくなります
ビーチサンダルじゃないけど、カヌーのサンダルいいですよ! ⇒ 履き心地抜群なリゲッタカヌーサンダル


Sponsored Link

海水浴を全開で楽しむための遊び道具

海に浸かって、泳いで
パラソルの下で休憩しておしゃべりして
ビール飲んで、ご飯食べて!ってだけでも
もちろん楽しいんですが
より一層、海水浴ライフを楽しませてくれる
遊び道具はあった方がいいに決まってます

海に漂う系
浮き輪は必須。お子さんの場合はズボッと抜け落ちないように
上から足を入れるタイプがいいですね
あとビーチマットなんかもいいですし、イルカみたいなのもありですし
オール付のゴムボートなんかも楽しいですよ
大きめのビーチボールでも浮き輪の役目のしてくれます
そして、とってもお勧めなのはボディーボード!!
ホームセンターとかで売ってるような安いのでいいんです
サーフィンなんかよりもずっと簡単に
波に乗るおもしろさを体感できます
是非是非チャレンジしてみてください!!

浜辺で遊ぶ投げる系
ビーチボールが基本ですが、風が強いと遊びにくいです
そんなときは、普通のゴムボールなんかでも楽しめますし
小さめのサッカーボールやバレーボールも遊び用途いろいろですよ
あと、フリスビーもいいですね
当たっても痛くないスポンジのような素材のもありますし
海の中でも、浜辺でも遊べます
くれぐれも投げる系は、周囲に注意してやりましょう

お子さんのための遊び道具
砂遊びセットはお忘れなく!
ずっと海に入り続ける訳でもないので必ず役立ちます!
ま、かき氷の器とかでも、代役は出来ますが
やっぱ、スコップ、熊手、バケツくらいは欲しいところ
あと、水鉄砲もかなり楽しんでくれます
高圧の水鉄砲は、人数揃えば大人がやっても楽しいですよ!

自然満喫系
綺麗な海ならシュノーケルにフィン(足ヒレ)で素潜りなんて最高ですよ
また、モリやヤスで魚を突いて「獲ったど~!!」てな事も体験できます
獲れたて新鮮の魚は最高ですよ(^^)
ただ、そもそもヤスなどでの魚突き自体NGのとこもありますし
ヤスはいいけど発射装置が付きはダメとかいろいろありますので
しっかり確認してください!
マイナスドライバーを用意して、貝採りなんかもいいです
浅瀬の小魚は虫取り網(水中用)でいけますよ
あと、ウオーターシューズがあるといいですね
粗い磯を歩くのはビーサンでは心許ないですし
その上からフィンを履くことも出来ますので何かと便利です

ベタですが定番で
スイカとしっかりした棒(木製バットなど)を準備して
スイカ割り、以外と楽しいですよ
結構、やった事ない人多いんですよね
あと、花火。暗くなったらやりましょう!
ただ、禁止の海岸も多いのでしっかり確認してください

海水浴に行くなら持って行きたい便利グッズ

必ずしもいるものではないけれど・・・
あると便利いいよね~って物です

クーラーボックス
海辺の飲み物は高いです。べらぼうに!
行きがけにコンビニで買いだめして
ビールやジュースをキンキンに冷やして持って行きましょう
敷物のオモリにもなりますよ

ペットボトル(水)
ペットボトルに水道水を入れればOK
ちょっと足についた砂を流すのに便利ですよ
1人1リットルあればいいと思いますが
現地で入れれるなら補充できますしね
ジップロック
スマホを中に入れて、水や砂を気にせずに
使うことも、撮影することも出来ます
もっと快適にってならこんな専用品もあります

ケガや病気に対応するもの
砂浜、磯、海の中でも足を切ることはよくあります
絆創膏や消毒液くらいあってもいいでしょう
また、泊まりであれば、昼間はしゃいだお子さんが熱を出す
なんてことも結構あるものです
冷えピタや坐薬あと、保険証なんかもある方がいいですね
クラゲに刺されるなんてこともあります

ゴミ袋
しっかりゴミ袋をもっていって、来たときよりも美しく!!
空き缶や食べかすなどを砂浜にポイ捨てなんて最悪です

まとめ

  • ビーチパラソルは借りてもいいけど必須アイテム

  • ボディーボードで波乗り体験してみたらヤミツキに!!安物でOK

  • お子さんがいるなら砂遊び道具は必須

  • ペットボトルに水を入れて持ってくと結構使える
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑