スーパーの刺身は冷凍OK?洗って食べる!?つまを美味しく!

181114-sasimi-super

スーパーで売られているお刺身を冷凍するのはいいの?
洗ってから食べる人がいるって本当!?

など、お刺身に関する疑問から、お刺身についている〝つま〟についてご紹介します。
 

●スーパーのお刺身については、こんな記事も書いてますよ~
スーパーの刺身のつま食べて大丈夫?添加物は?寄生虫対処法

Sponsored Link

スーパーの刺身は冷凍しても美味しく食べられる?

スーパーで売られているお刺身を冷凍してしまうと、やはり味は落ちます。

当日中に食べきるのがベストなので、当日中に食べきるようにできればそれが一番ベストです。
 

しかし、どうしても冷凍したい場合は、柵のままで冷凍することをおすすめします。

冷凍する時は、柵のままで、キッチンペーパーでドリップを吸い取ってから、柵のまま
ラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍してください。

この時にドリップが残っていると、ドリップが傷みを進める原因になってしまうので ドリップか残らないよう、しっかりキッチンペーパーで吸い取ってください 
 

切り分けられているものは、冷凍するのはおすすめしません

切り分けられているものを買ってしまったけど、急な予定で食事がいらなくなった…
なんて時は、 漬けにすれば、1日くらいなら大丈夫 ですので、翌日に回せます。
 

柵のものを冷凍して解凍する時は、フリーザーバッグに入れたままの状態で、流水にさらすか、氷水に入れて解凍してください。

冷凍する場合は、1週間くらいが目安になりますが、保存期間が長ければ長いほど味も食感も落ちるので、早めに食べることをおすすめします。

また、保存期間もあくまで目安なので、解凍した時に異臭がしたり、変色していたり、おかしいな。と思ったら、生で食べるのはやめましょう。
 

スーパーで売ってる刺身を食べる前に洗っている人たちがいる!?

スーパーで売られている刺身を食べる前に水洗いする人がいるのをご存知ですか??

刺身を水洗い!?と驚く人もいるかもしれませんが、水洗いすることによってメリットもあるんです。
 

水洗いすることで、刺身の 生臭さを軽減 することができるんです。

他には、 腸炎ビブリオ菌という食中毒の原因にもなる菌を洗い流し、食中毒の予防 にもつながるという大きなメリットがあるんです。
 

しかし、水洗いと言っても、水道水で3秒ほど流すだけで大丈夫です。

あまりやりすぎると、刺身が水っぽくなってしまいますし、美味しくなくなってしまうので、水道水で3秒ほど、サッと流すだけにしましょう。

水洗いした後は、キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取ってくださいね。
 

買ってきてすぐ水洗いした後、夜までは冷蔵庫で保存する場合には、キッチンペーパーで水分を拭き取った後、新しいキッチンペーパーで包み、保存袋に入れて、空気を抜いて保存しましょう。

また、お刺身の保存には、冷蔵庫よりも温度が低い、チルド室がおすすめです。
 

スーパーの刺身に付いているつまを美味しく食べる方法!

刺身に添えられている、脇役的な〝つま〟ですが、見栄えが良くなるという理由の他に、大根には殺菌・抗菌作用があるからという理由もあるんです。

あ、ここでいう〝褄(つま)〟は大根の〝剣(けん)〟のことを指しますので念のため。

褄(つま)は、お刺身に添えられているものなら〝けん〟じゃなくても〝つま〟と呼びますからね。

大葉(シソの葉)、菊の花、ワカメなど、わさびもそうです。
 

さて、そのつまの話ですが、大根には、 消化を促進させる作用 もありますし、 口の中をさっぱりさせてくれる ので、何種類かのお刺身をいただくときには、つまを食べて口の中をリセットすることもできますよ。
 

つまをそのまま食べるのは苦手だから食べないという人は、 サラダ にしたりするのもおすすめですよ。

つまを水洗いして水分を拭き取ったら、かにかま等を加えてマヨネーズで和えるだけでも美味しく食べることができます。
 

他にもベーコンやウインナー等と一緒に コンソメスープ にしてもいいですね。

つまの食感が苦手な人は、スープにすることで独特の食感がなくなるので食べやすいかもしれません。
 

まとめ

  • お刺身は、買ってきたその日のうちに食べるのがベストですが、急な予定変更で食事の支度をする必要がなくなってしまったとき等には、漬けにして翌日に回せば、漬け丼にもできます。

    切り分けられたもを買って用意してしまった時は、漬けにして翌日に食べるのが良いですね。

    冷凍するときは柵のままで冷凍し、しっかりドリップを拭き取って、ラップでピッタリ包み、フリーザーバッグに入れて空気を抜いた状態で冷凍しましょう。

  •  
     

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑