理学療法士の年収は低い?最高でどれぐらい?上げる方法は?

180915_nensyu_pt

病院やデイサービス等でリハビリテーションを行う一職種に理学療法士があります。

「理学療法士は給料が低い」「年収も大したことない」と学生さんや,理学療法士の方の声をよく耳にします。

本当に理学療法士の年収は低いのか・・・今回はその理学療法士の年収について体験談も含めて伝えたいと思います。 

※当記事は現役理学療法士さんに書いて頂きました

Sponsored Link

理学療法士の年収は低いってホント?

端的に申し上げますと、ピンキリです。

一般的に病院での勤務では低く、デイサービスやデイケア等の慢性期と呼ばれる事業所では高めに設定されています。

しかし、病院でも高い所もあり、病院の規模や病院でのリハビリテーション部・科の立ち位置によるでしょう。

また、病院やデイサービス以外にも,大学や専門学校の教師という選択肢もあり、教師も学校に依りますが高めに設定されています。
 

もし、自身の知識や技術が十分にあれば、開業してしまうのも手です。

しかし開業するとなると、成功するか失敗するかは自身の技術と経営手腕に掛かっているので、簡単に出来るという訳ではありません。

しかも、現在では理学療法士は毎年一万人程度増えており、増大傾向にあります。

そのため、昔と比較すると徐々に年収は軽減傾向にあります。
 

理学療法士の年収は最高どれぐらいまで上がる?

前述したとおり、年収はピンキリです。

しかし、私がいた学校の教師は「年収一千万が夢」と仰っている方もいるため、方法次第では一千万も夢ではありません。

しかし、理学療法士は数が多いため、その中で勝ち抜き、年収のアップを狙うには相応の方法が必要です。
 

そもそも、高年収を得ることを目的とする職業ではありませんが、少しでも今より収入を増やしたいなら、新たな職場を探してみるのも一つの手ですね。

とりあえずは、他の職場の条件面がどんなものなのか、情報を得るだけでもいいかもしれません
PT/OT専門の転職情報
 

理学療法士として年収を上げる方法は?

年収を上げる方法としては、まず強みを作る事です。
強みがないと、今後理学療法士が増えてくる中で生き残ることすら出来なくなるからです。

そのため、企業から必要とされる人材になる事が重要です。

その上で、他の理学療法士には負けない知識や技術が必要です。

簡単に言うと理学療法士の中でも「認定セラピスト」の資格を持つ事が必要になってくるでしょう。

認定セラピストの資格習得には,理学療法士となって複数回の勉強会や研究を重ねていく必要があります。

また、最高年収は一千万も夢ではないと前述しましたが、病院での勤務では限界があるように感じます。

そのため、認定セラピストの資格を習得し、講習会を開いたり,学校で指導する教師となったり、または自分で開業してしまうほうが年収としては増大傾向にあるでしょう。

特に講習会では,参加費が高いもので一日二万というケースもあります.

まとめ

  • 結果的に理学療法士として働く場所や方法によってピンキリではあることは間違いないです。

    また、理学療法士として「開業権が無い」と学校で学ぶことがあります。

    しかし、厳密に言えば「介護予防事業等において、診療の補助に該当しない範囲の業務を行う際は、理学療法士の名称を用いることや医師の指示を不要とする」と、厚生労働省から平成25年に通知が来ています。

    簡単に言うと、予防目的であれば理学療法士が開業することが可能ということです。

    しかし、その際には「理学療法を実施している」ということを提示することは出来ませんので、運動療法として提示する必要があります。

    実際に私の知り合いも開業している方も居られます。

    私自身は既婚男性であり、病院勤務ではありますが不自由無く生活は出来るぐらいに年収は得られています。

    将来的には理学療法士は、更に増大していくと考えられるため、患者様や利用者様、病院等の企業から必要とされる人材になる事が、年収を安定させる第一歩ですね。

  •  
     

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑