四国地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報や個人的予想

180514-ajisai-tsuyu-shikoku

四国の梅雨入り、梅雨明けは平年で6月5日と7月18日。

そして昨年は梅雨入りが6月20日とかなり遅れ、梅雨明けは7月13日と早く、非常に短い梅雨でした。

さて、今年の四国地方の梅雨はどうなるのでしょうか?

Sponsored Link

四国地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報

気象庁の四国地方の梅雨予報は、6月は前線や湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が平年より多いと予想しています。

そして、7月に入ると太平洋高気圧に覆われやすい見込みで、前半も平年に比べ曇りや雨は少な目で、後半は平年以上に晴れの日が多いとの予報です。

これは、今年も早めの梅雨明けとなりそうですね。
 

平成30年の四国地方の梅雨明けはいつ?ウェザーニューズ予想と見解

それでは気象庁に続き、世界最大の民間気象情報会社であるウェザーニューズの見解を見てみます

平年どおり6月上旬には梅雨入りし、ジメジメ、ムシムシの天気に。

そして、6月後半には梅雨前線が活発化して大雨の恐れもあるようです。

7月に入っても前半は梅雨空が続き、雨や曇りの日が多く、梅雨末期の大雨の恐れもありますが、中旬には梅雨明けの見解です。
 

そして、ウェザーニューズはズバリ梅雨明け予想をしています

そんなウェザーニューズが予想した四国地方の梅雨明けは!ヽ(゜∀゜)
 

7月18日
 

ズバリ平年どおりです。
 

2018年の四国地方の梅雨明けはいつ?過去のデータから個人的予想

それでは、最後に過去のデータからだけで、私が予想してみます!

こんな感じで予想 ρ(._.〃) 根拠ナシ

1967年から去年まで50年間の梅雨入りで、今年の四国地方の梅雨入り速報値に近い年(前後2日)をピックアップ
そして、ピックアップされた年の梅雨明け日を拾い出し、その平均を取ってそれを予想日とします。
たった、それだけの予想ですが、結構あたります。

ただ、まだ四国地方は梅雨入りしていませんので、梅雨入りしてから掲載します。
 

※当記事は気象庁及び株式会社ウェザーニューズが発表した情報を元に作成しています。
・気象庁 ⇒ http://www.jma.go.jp/
・ウェザーニューズ ⇒ http://weathernews.jp/

 

まとめ

  • 去年の四国は梅雨入りが遅く、梅雨明けが早かった

  • 気象庁予報は6月は平年より雨が多く、7月は少な目

  • ウェザーニューズの四国地方の梅雨明け予想は7月18日と平年どおり
  •  
    Sponsored Link
     

     
    ※この記事を読んだ人は下に並んだ記事も見ています

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に
    2015台風が50年ぶりの連続発生中!12月も発生?26号の最新進路
    台風18号が名古屋直撃へ!その後は?最新情報と予想進路
    台風13号発生は7月末では多い?進路予想|日本の南東海上?
    台風21号2015最新進路予想|石垣島直撃へ|暴風域に入る確率
    沖縄と奄美の梅雨入りはいつ?2016年の予想を気象庁の過去データから
    台風11号の進路予想は週末に西日本直撃!コースは高気圧の影響次第 12号も発生
    18号が抜けても関東は記録的大雨!線状降水帯|台風17号が挟み撃ち!!
    2017年の北陸地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    2015台風21号最新情報と進路予想|また先島諸島直撃?ヨーロッパと米軍予報
    元台風13号が前線を引き連れ50年に一度の大雨!お盆の天気はどうなる?
    日本の最高気温ランキング40℃超|今年の8月は?|猛暑日?真夏日?夏日?熱帯夜?真夏の気象用語
    ダブル台風15号がVターンで16号は北上!予想進路と最新情報
    近畿地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報と個人的予想(関西)
    2017年の中国地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑