型落ちスタッドレスタイヤのネット購入は何割お得?有名モデルで比較してみた!

170920-studless-tire-kataochi-koukan

前回、スタッドレスタイヤは国産の有名大手メーカーのコスパがいい!といった感じの記事を書きました。

そして今日は、国産を中心とした主要メーカーの型落ちスタッドレスタイヤをご紹介していきたいと思います。

型落ちスタッドレスタイヤのネット購入は何割お得?有名モデルで比較してみた!

前回お伝えしたことを簡単に言うと、ニューモデルが発売されると既存モデルは型落ちとなり、スタンダードなモデルとなって生き続けることが多いということ。

しかし、モデルチェンジしたからといってその性能が劇的に変化するかというと、必ずしもそうでななく、フラッグシップ的な位置付けであったモデルなら、型落ちとなってもその性能は十分ということでした。

そりゃ、1~2年前までメーカーが維新を懸けて開発して世に出していたタイヤなわけですからね。

けど、型落ちとなることで値段は当然落ちてくるので、性能だけで見れば最新モデルには劣りますが、コストパフォーマンスの視点からみると最高!!ってことです。
あとは、タイヤの製造年について解説しました。

それでは、国産を中心とした有名メーカーの型落ちスタッドレスタイヤを、早速ご紹介していきたいと思います!

ご紹介するスタッドレスタイヤの料金はタイヤ4本分。
そして、消費税、送料込みの値段で表しています。
基本的には代表として、多く履かれている〝195/65R15〟サイズ近辺の価格を載せていますので、それより大きければ当然高くなりますし、小さければ安くなります。
リンクを貼っていますので、各販売ページでご確認ください。

ちなみに、数字の最初の195はタイヤの幅、65Rは扁平率、最後の15はインチ数です。

アマゾンで最安値の料金を掲載していますが、楽天やyahooでも探せるようにしてます。
また、自分の車にジャストフィットするサイズが分かりやすい、大手タイヤ通販の値段も掲載しています。

では、型落ちモデルはニューモデルよりもどれくらいお得に購入できるのか見ていきましょう(^^)/~~~

価格は2018年10月24日現在のものです。
在庫はどんどん減っていきますよ~
 

ブリジストンの型落ちスタッドレスBLIZZAK VRX

ブリジストン! 石橋さんの作ったブリジストン!
日本の誇る、今や世界ナンバーワンのタイヤメーカーです。
そのブランド力は相当なもので、当然、価格も相当なもの!
金に糸目を付けないのであれば、ブリジストンの最新モデルで良いんじゃないでしょうか(^^)

けど、そうはいかないからこそ、この記事を読んでいるんですよね。

ブリジストンのスタッドレスタイヤといえば〝BLIZZAK(ブリザック)〟

ブリザックは昨シーズン〝BLIZZAK VRX2〟という新作スタッドレスを投入してきました。

その型落ちタイヤは〝BLIZZAK VRX〟
1から2へと進化したわけですね。
ここでは、その 性能についてどうこうは言いません 
単純に値段の話だけで。

●アマゾン最安値
※195/65R 15
62,400円 BLIZZAK VRX2
49,600円 BLIZZAK VRX  
12,800円 ニューモデルとの価格差

●大手タイヤ通販 FUJIコーポレーション
※195/65R 15
69,600円 BLIZZAK VRX2
57,600円 BLIZZAK VRX
12,000円 ニューモデルとの価格差

タイヤ購入するなら!

 

ヨコハマタイヤの型落ちスタッドレスiceGUARD 5 PLUS

ヨコハマタイヤのスタッドレスは〝iceGUARD(アイスガード)〟
ブリザックに次いで人気のスタッドレスです。

ヨコハマタイヤは一昨年にiceGUARD 5からiceGUARD 5 PLUSへとマイナーチェンジしたところだったのですが、早々のフルモデルチェンジで昨シーズンにiceGUARD 6を投入してきました。

これは〝5 PLUS〟狙い目ですよね。

●アマゾン最安値
※195/65R 15
48,600円 iceGUARD 6
42,400円 iceGUARD 5 Plus
6,200円 ニューモデルとの価格差

●大手タイヤ通販 FUJIコーポレーション
※195/65R 15
62,800円 iceGUARD 6
44,000円 iceGUARD 5 Plus
18,800円 ニューモデルとの価格差

タイヤ購入するなら!

 

ダンロップの型落ちスタッドレスWINTER MAXX 01

ダンロップのスタッドレスと言えば〝WINTER MAXX(ウィンターマックス)〟です。
一昨年WINTER MAXX 01からWINTER MAXX 02にモデルチェンジしたばかりなので、今シーズンのニューモデルはありませんが02がまだ新しく、01でも古さは感じさせません。

●アマゾン最安値
※195/65R 15
43,200円 WINTER MAXX 02
36,252円 WINTER MAXX 01
6,948円 ニューモデルとの価格差

●大手タイヤ通販 FUJIコーポレーション
※195/65R 15
55,600円 WINTER MAXX 02
40,000円 WINTER MAXX 02
15,600円 ニューモデルとの価格差

タイヤ購入するなら!

 

トーヨータイヤの型落ちスタッドレスWinter TRANPATH MK4α

トーヨータイヤのスタッドレスといえばGARIT(ガリット)がありますが、長らくモデルチェンジはされていません。
しかしトーヨータイヤと言えば、ミニバン専用設計の〝Winter TRANPATH(ウィンタートランパス)〟が有名ですね。

そして2017-2018の昨シーズンは、6年振りのモデルチェンジで〝Winter TRANPATH TX〟が投入されました。
従来モデルはWinter TRANPATH MK4αです。

もちろん型落ちのMK4αが狙い目なのですが、6年前からあるモデルです。
格安品であればあるほど、製造年を意識しましょう。

●アマゾン最安値
※195/65R 15
41,040円 Winter TRANPATH TX
新品なし  Winter TRANPATH MK4α

 

ファルケンの型落ちスタッドレスESPIA EPZ F

元オーツタイヤの住友ゴム工業のグローバルブランドファルケン。
ファルケンは2018-2019の今シーズン新製品を投入しました。
それがESPIA W-ACE。

しかし、その3年前にESPIA EPZ Fを投入しており、まだまだ新しいですね。
けど、なんだか古い方が高くなってます。

●アマゾン最安値
※195/65R 15
48,384円 ESPIA W-ACE(2018~)
※195/60R 15
80,400円 ESPIA EPZ F(2015~)
+32,016円 ニューモデルとの価格差

新しい方

●大手タイヤ通販 FUJIコーポレーション
※195/65R 15
41,200円 ESPIA W-ACE(2018~)
※195/60R 15
54,000円 ESPIA EPZ F(2015~)
+12,800円 ニューモデルとの価格差

タイヤ購入するなら!

 

グッドイヤーの型落ちスタッドレスICE NAVI 6

グッドイヤーはアメリカのタイヤメーカーで、ブリジストンと次にご紹介するミシュランとともに世界の三大タイヤメーカーの1つで、日本には日本グッドイヤーがあります。

グッドイヤーのスタッドレスタイヤと言えば〝ICE NAVI(アイスナビ)〟
そして、2017-2018の昨シーズンは、4年ぶりのモデルチェンジでICE NAVI 7を投入してきました。
従来モデルはICE NAVI 6です。

●アマゾン最安値
※195/65R 15
52,352円 ICE NAVI 7
32,104円 ICE NAVI 6
20,248円 ニューモデルとの価格差

型落ちのは6はニューモデルの7よりも4割安です。

 

ミシュランの型落ちスタッドレスタイヤX-ICE XI3

では、次にフランスのミシュランです。
ミシュランという名前だけで、もう高級な感じがするのは私だけでしょうか。

ミシュランのスタッドレスタイヤといえば〝X-ICE(エックスアイス)〟
6年前から〝X-ICE XI3〟というモデルがありますが2017-2018の昨シーズン、ニューモデルの〝X-ICE 3+〟を投入してきました。

ミシュランはフランスメーカーではありますが、X-ICEは北海道で開発された日本用のスタッドレスタイヤです。

●アマゾン最安値
※195/60R 15
44,360円 X-ICE 3+
39,200円 X-ICE XI3 
5,160円 ニューモデルとの価格差

●大手タイヤ通販 FUJIコーポレーション
※195/65R 15
56,800円 X-ICE 3+
※195/60R 15
63,600円 X-ICE XI3 
+6,800円 ニューモデルとの価格差

タイヤ購入するなら!

 

ピレリの型落ちスタッドレスICE ASIMMETRICO

レースシーンでもその名を馳せたイタリアのピレリ。

実は私もICE ASIMMETRICO を履いています。

●アマゾン最安値
※185/60R 15
29,356円 ICE ASIMMETRICO PLUS
26,312円 ICE ASIMMETRICO
3,044円 ニューモデルとの価格差

●大手タイヤ通販 FUJIコーポレーション
※185/60R 15
43,600円 ICE ASIMMETRICO PLUS
42,400円 ICE ASIMMETRICO
1,200円 ニューモデルとの価格差

タイヤ購入するなら!

 

製造年月だけは気にしておく

以上のように、スタッドレスタイヤの主要メーカーの型落ちモデルは、大きく値段が落ちている旧モデルは、ニューモデルよりも 4割もお得に購入可能 なものもあります。

お安く安心安全なスタッドレスタイヤを手に入れたい方には、最有力候補なのではないでしょうか。

ただ、気をつけたいポイントは製造年です。
製造年と何シーズン履きたいのかを考慮して、何にするか決めてくださいね。
 

●製造年について詳しくはコチラ
今年のスタッドレスタイヤの新製品は?型落ちモデルは買いなのか?

●新製品で安くというならアジアンタイヤも視野にいれてみては?
外国製格安スタッドレスタイヤで大丈夫?アジアンメーカー一覧
 

まとめ

  • ニューモデルのスタッドレスタイヤが販売され、既存モデルが型落ちとなっても、国産有名メーカーのものは、性能的には充分

  • 型落ちモデルはニューモデルと比べれば多少性能は劣ってもコスパは最高!

  • 型落ちモデルを買うときは製造年月を気にしておく
  •  
     

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    フロントガラスの油膜取りと撥水コーティングはするべきか?ウォッシャー液とワイパーは?
    スタッドレス2本だけで効果あり?FF前輪とFR後輪|チェーンの場合
    ETCカード作れる?クレカと違うデポジット パーソナル コーポレート ビジネス
    継ぎ足し給油のデメリットと危険性|ガソリン満タンでカタログ値を超える?
    スタッドレスタイヤで雪道以外を走るのは?摩耗は?雨で濡れた路面は?
    ETCカード支払遅れでバーは開かない?有効期限は?クレカ無しでもOK?
    クルーズコントロールとは?速度は?燃費は?最新のオートクルーズ
    オートライト義務化へ|OFFモードがなくなる?エンジン切る時AUTOのまま?
    スタッドレスタイヤの寿命は?ホイールごと交換?サイズダウン?
    今年のスタッドレスタイヤの新製品は?型落ちモデルは買いなのか?
    原付でも使える燃費計算は?満タン法の注意点と燃費計の誤差チェック
    フロントガラスの油膜取り|市販お勧め除去剤は?コツと天気
    外国製格安スタッドレスタイヤで大丈夫?アジアンメーカー一覧
    駐車禁止除外標章の使い方と止めれる場所|障害者手帳何級から?
    クレカが作れなくてもETCカードを手にいれよう!新会社やブラックでも!

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑