アメリカ歴代大統領一覧② 19世紀以前(政党・任期・エピソード)

191112_america_whitehaouse_prejident

20世紀以降の大統領(26代のルーズベルトから)を先日纏めましたので、今回は19世紀以前の大統領も逆順で纏めておきます。

20世紀以降の大統領の一覧はコチラ
アメリカ歴代大統領一覧➀

Sponsored Link

逆順アメリカ歴代大統領一覧➁ 19世紀以前(政党、任期、エピソード)

第25代大統領 共和党
ウィリアム・マッキンリー(William McKinley)
28期 1897.3/4~1901.3/4
29期 1901.3/4~1901.9/14
※即死ではなかったが、3人目の暗殺された大統領。彼は、撃たれた際、自分の妻と発砲した犯人を気遣う発言をしている。発行終了しているが高額紙幣500ドルの人。
第24代大統領 民主党
グロバー・クリーブランド(Stephen Grover Cleveland)
27期 1893.3/4~1897.3/4
※唯一、連続しない2期を務めた大統領。つまり、先々代大統領はクリーブランド本人。発行終了しているが高額紙幣1,000ドルの人。
第23代大統領 共和党
ベンジャミン・ハリソン(Benjamin Harrison)
26期 1889.3/4~1893.3/4
※祖父は在任期間最短1ヶ月の9代大統領のウィリアム・ハリソン。
第22代大統領 民主党
グロバー・クリーブランド(Stephen Grover Cleveland)
25期 1885.3/4~1889.3/4
※唯一、連続しない2期を務めた大統領。
第21代大統領 共和党
チェスター・A・アーサー(Chester Alan Arthur)
24期 1881.9/19~1885.3/4
※先代ガーフィールドの暗殺により副大統領から大統領に。副大統領就任前は弁護士。
第20代大統領 共和党
ジェームズ・ガーフィールド(James Abram Garfield)
24期 1881.3/4~1881.9/19
※暗殺された2人目の大統領。在任期間は1ヶ月で病死した9代大統領ウィリアム・ハリソンに次いで2番目に短い6ヶ月15日。
第19代大統領 共和党
ラザフォード・ヘイズ(Rutherford Birchard Hayes)
23期 1877.3/4~1881.3/4
※南北戦争により分断された南北の和解を試みたが、成果は上がらなかった。
第18代大統領 共和党
ユリシーズ・グラント(Ulysses Simpson Grant)
21期 1869.3/4~1873.3/4
22期 1873.3/4~1877.3/4
※50ドル紙幣の人。南北戦争の北軍の将軍。大統領就任後は多くのスキャンダルと汚職によりアメリカ最悪の大統領の一人と言われる。
第17代大統領 民主党
アンドリュー・ジョンソン(Andrew Johnson)
20期 1865.4/15~1869.3/4
※リンカーンの暗殺により副大統領から大統領に。ロシアの植民地であったアラスカを購入。
第16代大統領 共和党
エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)
19期 1861.3/4~1865.3/4
20期 1865.3/4~1865.4/15
サウスダコタのラシュモア山国立記念公園の4人の大統領の一番右。
※奴隷解放の父であり「人民の人民による人民のための政治」というフレーズはあまりにも有名。5ドル紙幣と1セント硬貨の人。共和党からの初の大統領でもある。ホワイトハウスへ馬で出勤している際に狙撃により暗殺された。

Sponsored Link

 
第15代大統領 民主党
ジェームズ・ブキャナン(James Buchanan)
18期 1857.3/4~1861.3/4
※政治家になる前は非常に成功した弁護士。結婚しなかった唯一の大統領。
第14代大統領 民主党
フランクリン・ピアース(Franklin Pierce)
17期 1853.3/4~1857.3/4
※史上最悪の大統領の一人として評価されている。晩年はアル中となり肝硬変で死去。
第13代大統領 ホイッグ党
ミラード・フィルモア(Millard Fillmore)
16期 1850.7/9~1853.3/4
※先代の在任中の死により副大統領から昇格。インディアン徹底排除、奴隷制度推進の方針をとり、日本にペリーを派遣した大統領としても知られる。
第12代大統領 ホイッグ党
ザカリー・テイラー(Zachary Taylor)
16期 1849.3/4~1850.7/9
※就任語1年4ヶ月でコレラのため死去。在職中に奴隷を所有した最後の大統領で老暴れん坊として知られた元軍人。
第11代大統領 民主党
ジェームズ・ポーク(James Knox Polk)
15期 1845.3/4~1849.3/4
※「最も知られていないゆゆしい大統領」と呼ばれ、歴史学者からの評価も高い。
第10代大統領 ホイッグ党 ⇒ 無所属
ジョン・タイラー(John Tyler)
14期 1841.4/4~1845.3/4
※先代の在任中の死により副大統領から昇格。父親は3代大統領トーマス・ジェファーソンの友人。
第9代大統領 ホイッグ党
ウィリアム・ハリソン(William Henry Harrison)
14期 1841.3/4~1841.4/4
※在任僅か1ヶ月で肺炎のため死去した、在任期間の最も短かった大統領。23代大統領ベンジャミン・ハリソンは孫。
第8代大統領 民主党
マーティン・ヴァン・ビューレン(Martin Van Buren)
13期 1837.3/4~1841.3/4
※オールドキンダーフックの愛称で呼ばれた、唯一、母国語が英語ではなかった(オランダ語)大統領。
第7代大統領 民主党
アンドリュー・ジャクソン(Andrew Jackson)
11期 1829.3/4~1833.3/4
12期 1833.3/4~1837.3/4
※20ドル紙幣の人。冷酷残忍なインディアン大虐殺で名を上げた軍人。大統領になり武力による問答無用の強制移住を実行した。また、初の大統領史上初の暗殺の標的とされたが未遂に終わっている。
第6代大統領 民主共和党
ジョン・クィンシー・アダムズ(John Quincy Adams)
10期 1825.3/4~1829.3/4
※2代大統領ジョン・アダムズの息子。アダムズのインディアン移住方針は生ぬるいと、当時の白人入植者からは非難された。
第5代大統領 民主共和党
ジェームズ・モンロー(James Monroe)
8期 1817.3/4~1821.3/4
9期 1821.3/4~1825.3/4
※平和な奴隷制の終結を考えた農園主であり、黒人奴隷所有者でもあった。
第4代大統領 民主共和党
ジェームズ・マディソン(James Madison)
6期 1809.3/4~1813.3/4
7期 1813.3/4~1817.3/4
※アメリカ合衆国憲法の父と言われている。発行終了しているが高額紙幣5,000ドルの人。
第3代大統領 民主共和党
トーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson)
4期 1801.3/4~1805.3/4
5期 1805.3/4~1809.3/4
※2ドル紙幣と5セント硬貨の人。サウスダコタのラシュモア山国立記念公園の4人の大統領の左から2番目。
第2代大統領 連邦党
ジョン・アダムズ(John Adams)
3期 1797.3/4~1801.3/4
※6代大統領ジョン・クィンシー・アダムズの父。先代ワシントン大統領の下で2期副大統領を務める。
初代大統領 無所属
ジョージ・ワシントン(George Washington)
1期 1789.4/30~1793.3/4
2期 1793.3/4~1797.3/4
※1ドル紙幣と25セント硬貨の人。サウスダコタのラシュモア山国立記念公園の4人の大統領の一番左。首都ワシントンはこの大統領の名前から。


アメリカ2大政党の豆知識

  • 19世紀以前は共和党と民主党の2大政党以外にも大統領が出た政党がある

  • 歴代45人の大統領の所属政党は共和党19人で民主党16人、他に民主共和党、ホイッグ党、連邦党、そして所属政党を持たない無所属の大統領もいた

  • 共和党は保守層とキリスト教主義勢力の集票に支えられた政党

  • 民主党は労働運動やマイノリティの集票力が大きい政党

  • 共和党は1854年に黒人奴隷制反対を掲げて結成された

  • 共和党からの初めての大統領は16代のエイブラハム・リンカーン

  • 民主党は民主共和党が前身で、1830年に現在の「民主党」を名称とした

  • 発足当初の共和党は北部を中心とした近代産業の振興の立場をとり、民主党は南部の農場主等の権益の擁護の立場をとっていた

  • 初代大統領ジョージ・ワシントンは無所属を標榜しているが、実質的には連邦等政権であった
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑