フロントガラスの油膜取り|市販お勧め除去剤は?コツと天気

161027_yumakunonaifrontgrass

新しい年を迎える前に、家だけでなく車もピカピカにしたいところですが、皆さんフロントガラスなどはどのように洗っていますか?
まさか、ボディと同じWAX入りシャンプーなんかで洗ってませんよね?

車のフロントガラスのギラギラ油膜は、雨の日の夜なんかは視界最悪で危険です。
今日はフロントガラスの油膜取りについて書いていきたいと思います。

Sponsored Link

フロントガラスの油膜取りをしたいけど、そもそも油膜って何?

車のフロントガラスに付着するギラギラ油膜、嫌ですよね~
┐(´д`)┌
一旦こびりつくと自然に取れることはなく、どんどん蓄積していく一方です。

けど、そもそも油膜って何なのでしょうか?

油膜の原因は油分を含んだ水分です。
そしてその油分の主な成分はシリコンです。

フロントガラスの油膜は、他の車の排気ガス中に含まれる機械油などが原因と言われますが、その他、雨の日に前走車や対抗車が跳ね上げた水、それに車の屋根から流れ落ちてくる雨水にも含まれているんですね。
洗車時に使うワックスなどにはシリコンが含まれています。
ですから屋根についている油分も雨で溶けだしてガラスに流れ落ちてくるんです。

という事は例えワックスがけをしない車であっても、カーシャンプーにワックス成分が含まれていればシリコンが含まれていますので、そこに落ちた雨がこのシリコンと一緒にフロントガラスに流れてくるわけです。
そもそも、WAXインのカーシャンプーでフロントガラスなども一緒に洗ってたり、拭き取りをボディと同じタオルで行っていたら 自ら油分を付着させていることに なりますね。

また、雨水を弾くための撥水コーティング剤にもシリコンが含まれていますので、小まめに塗っていかずに塗りっぱなしにしていれば、雨水の他に油膜を付きにくくする効果もある撥水コーティング自身が、 逆に油膜付着の原因 となっていたりもします。

また、フロントガラスを家庭用ガラスクリーナーで拭く人もいるかと思いますが、これにも磨いた後でキラキラさせるために、シリコンが含まれていますよ。

フロントガラスの油膜はこれで落ちる?

食器用洗剤

普通の食器を洗う洗剤です。
キュキュットとかジョイとか結構落ちるみたいです。

ただ、家庭用の食器洗い洗剤は以外と強力ですので、車に使用すると塗布してあるグリス類を洗い流してしまって錆の原因となり得ます。

烏龍茶

ウーロン茶でも油膜は取れるようです。
結構、使っている人も多い感じですね。

原理としては、ウーロン茶は油を分解することが出来るからみたいです。
ウーロン茶を染みこましたウェットティッシュのような物がカー用品店に売っているので、その実力はあるのでしょう。
ただ、あまり強力ではなさそうです。

ウーロン茶を含ませた綺麗なタオルで拭き取る感じです。

新聞紙

水で濡らした新聞で拭くって方法です。
ご家庭の窓拭きや鏡拭きにもよく使われる方法ですね。

油分落としのポイントは活字のインクです。

詳しくはこちらもご覧ください。
窓ガラスをピカピカに!窓拭きの定番新聞紙・・・

タバコの葉

この方法は、取れるとしても好き嫌いがありそうですね。

新品タバコの葉をバラしてフロントガラスにかけてこすると油膜が分解されるそうです。

エタノール

市販の消毒用エタノールを脱脂綿やコットンにつけて(直接ガラス面にかけない)全面をしっかり拭き、後は濡れタオルで拭いて、最後にカラ拭きという流れです。

結構な威力みたいです。

コンパウンド

ガラス用の超微粒子のコンパウンドで磨きます。
コンパウンドとは、液体やペースト状の研磨剤で、サンドペーパーや耐水ペーパーなどと比べて、かなり細かい研磨剤となります。

車のガラス専用のコンパウンドも市販されています。
油膜落としの王道はこれですね。
いろんな商品がラインナップされています。

これで上半身筋肉モリモリになるくらいがんばると綺麗に油膜が取れますよ。

Sponsored Link

市販のおすすめ油膜除去剤は?

これは、もう超有名ですがプロスタッフの 〝キイロビン〟 がお勧めです。
キイロビン120と200がありますが、これはどちらも同じ商品。
120g、200gと容量が違うだけです。
ホント、良く落ちますよ!

【PROSTAFF プロスタッフ】油膜取りキイロビン120/120g【2】キイロビン100よりお得!

使ったことはないのですが〝キイロビンゴールド〟というキイロビンのハイグレードバージョンもあります。
ガラス系ナノパウダーと酸化セリウムの2つの成分を融合させることで、油膜や被膜になじみが良くなり、 キイロビンの2倍のスピードで油膜除去 できるとのことです。

【プロスタッフ】ガラス用撥水剤キイロビン ゴールド【A-11】

ただ、一番直近ではキイロビンが無くなったので、別の商品を使ってみたんです。
すると、キイロビン同様にキレイに油膜が落ちましたが、何よりこっちの方が楽だったんですね。

その商品とはCCIの〝アメットビー雨ジミ&油膜取り〟です。
活性フッ素+2種類の強力研磨剤配合で雨ジミまで落とす油膜取り剤です。

【送料無料!迅速発送!】CCI シーシーアイ アメットビー 雨ジミ&油膜取り G-72

これを使いきったら、次はキイロビンゴールドと比較してみたいと思います(^^)

油膜落としのコツと気にしておくこと

油膜除去はなかなか大変な作業です。
一度に全部をやろうとせず、40~50cm四方ずつ磨くようにするのが良いですね。
縦縦横横を繰り返しながら磨くようにしましょう。
同じ方向にばかり磨いてもよく落ちませんよ。

スポンジに水を含ませながら磨くようにしますが、磨いた直後、その場所で水が弾けたら、ちゃんと磨けていない証拠です。
しっかりと水が弾かなくなるまで磨きましょう。
但し、あまり強く擦りすぎたり、水気がなくなって乾いたスポンジで磨くと傷が付きますので十分注意してください。

作業が一通り終われば、全体に水を掛け、水が均一に広がるかチェックします。
途中から割れるように水が無くなるところがあればそこをまた重点的に磨き、それが無くなるまでひたすら磨きしょう。

あとコツというか、気にしておくべきことは、日差しが強い日にはやらないことです。
研磨剤等、すぐ乾いてしまい、磨いたのかどうか確認ができません。また乾燥した研磨剤がガラスにこびりついて、それを落とす作業まで増えてしまいます。
また、風の強いも絶対避けましょう。
磨いている最中に砂を巻き込めば、傷になります。
 曇りで風のない日がベストコンディション です!

とにかく体力と根気のいる作業です。
慣れないと余裕で2時間は必要だと思いますので、しっかり時間が確保できるときに挑戦してみてください!

キレイに油膜が取れたら、お好みで撥水コーティングなどもしてみてください。
コーティングの乗りが全然違いますよ(^^)
 

撥水コーティングについて詳しくはコチラをご覧ください。
フロントガラスの油膜取りと撥水コーティングはするべきか?

まとめ

  • 油膜の原因は油分を含んだ水分で、その主な成分はシリコン

  • 車のフロントガラスの油膜の原因は排ガスの他、洗車などに使うワックスの成分が雨で溶けて流れてくるのも大きな原因

  • 撥水コーティングも、放置していれば油膜となる

  • 油膜は食器用洗剤や烏龍茶や新聞紙、それにタバコの葉などでも取れるらしい

  • 市販の油膜除去剤はキイロビンが有名で実力あり!ただしアメットビーも凄く良かった

  • 油膜落としは曇りで風の無い日がベストコンディション

  • 油膜取りには体力と根気が必要
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑