成長期の膝下の痛みオスグッド病|原因と症状|治療と予防

150503_osgood_schlatter_disease_hizanoitami

成長痛という言葉があります
昔から結構、良く聞く言葉ですけど、そもそもこの成長痛って何(´・ω・`)?

Sponsored Link

成長期の膝下の痛みはオスグッド病かもしれません

10歳~15歳くらいの成長期のお子さん
特にサッカーやバスケットボール、バレーボール、テニスなどジャンプしたり
走ったり、ボールを蹴ったりと脚を酷使するスポーツをしている子たちが
膝下の痛みを訴えることがありますが
それはオスグッド病の可能性が高いです

オスグッド病とは、正確にはオスグッド・シュラッター病といい、オスグッド・シュラッター症候群ともいいます

それでは、このオスグッド病についてもう少し詳しく解説していきましょう


オスグッド病の症状と原因

脛骨結節というお皿の下の骨が徐々出て来て痛がります
時には赤く腫れたり、熱を持ったりします
休んでいると痛みが無くなりますが、運動を始めると痛みが再発するのが特徴です

病院での診断としては、上記のような症状と
お皿の下の部分の圧痛や隆起である程度可能ですが
レントゲン写真を撮ることで行うことで確定診断出来ます

大腿四頭筋という太ももの前側に非常に大きな筋肉があるのですが
この筋肉の力は膝蓋骨(膝の皿)を経由して膝を伸ばす力として働きます
この膝を伸ばす力の繰り返しで、大腿四頭筋が膝蓋腱の付着部を介して
脛骨結節(お皿の下の骨)を引っ張っるため
脛骨結節の成長線に大きな負荷がかかり
成長軟骨部が剥がれてくることでオスグッド病が起こります
また、ジャンプ後の着地の衝撃、急激なストップ&ゴー、ターンなどで
大きな負荷がかかる事の繰り返しも大きな要因です。

この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です
成長期ですから 骨はどんどん成長するけど
骨の成長についていけない筋肉によって
いつも強く引っ張られていると言うような状況 

その引っ張られる力に、まだ固まっていない成長過程にある柔らかい軟骨が
負けてしまうという背景があります

Sponsored Link

オスグッド病の治療法と予防法

成長期の一過性のことで、成長が終了すると、たいていは治癒します
この時期は運動を控えることが出来れば、それに越したことはありません
しかし、スポーツを頑張っている、頑張りたいお子さんであるからこそ発症するのがオスグッド病です
従って、症状を強くさせないための
 大腿四頭筋のストレッチング  アイスマッサージ などを行う必要があるとよく言われます。
発症後3~6ヵ月はスポーツをすると症状が強くなるので
運動をする前後にストレッチングは特に重要です。
しかい、アイスマッサージなど冷やす行為は炎症を鎮める効果はありますが
筋肉を固めてしまうことにもなるので、余りお薦めできません。

オスグッド用のサポーターやベルトを装着するのもいいでしょう

また、オスグッド病になる子は
膝の周りだけでなく、股関節や、腰、肩まで
柔軟性がなくなっていることが多いようです
つまり、単に膝関節だけの問題ではなく身体全体の使い過ぎや、 体の使い方
普段の緊張しすぎた姿勢などによって引き起こされているとも考えられます
身体を鍛えるというと
筋トレや走り込みなど筋肉を緊張させることがほとんどですが
特に成長期の場合、まだ身体が充分にできていないので
大人と同じようにすべきではないでしょう
そもそも20歳の時の体と比較し同じ量の筋トレをしたとしても
12歳未満では30%前後しか効果が出ないと言われています
これは成長の方に体の力を多く使うためであり
成長が落ち着いてからでないと筋肉の増強に回らないからです
筋肉には、ゆっくりと伸ばしてあげる、いたわってあげること
緊張させること、弛緩させることの両方が必要なのです
柔らかく、柔軟な筋肉と関節とを持つことで
怪我をしにくく、疲労も溜まりにくい身体になっていきます

最後にオスグッドで出っ張るのはお皿の下約数センチの部分ですが
一度、オスグッドになると骨の出っ張りはへこむことなく
生涯出っ張ったままになります
膝を付くときや、正座をするときは下が固いとぶつかって痛いですし邪魔ですが
特に治療法はないようです
痛みが無くなればそれで良しという考えで
特に対策も施されていないように感じます


オスグッドについて更にくわしく!
オスグッドの原因は筋肉|柔軟性と姿勢|やってはダメな事と意味のない事

まとめ

  • オスグッド病は脛骨結節というお皿の下の骨が出て来て痛くなる

  • 休んでいると痛みが無くなるが、運動を始めると痛みが再発するのが特徴

  • 運動を控えることが出来れば、それに越したことはない

  • 成長が終了すると、たいていは治る

  • 運動をする前後にストレッチングやアイスマッサージ、オスグッド様のサポーターやベルトを装着も効果的

  • 単に膝関節だけの問題ではなく身体全体の筋肉の状態なども重要

  • 骨の出っ張りが戻ることはない
  • Sponsored Link


    サッカー小僧の股関節痛についてはコチラ
    その股関節の痛みグロインペイン症候群?|原因と症状|治療法と予防法

    ※この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    夏に多い擦り傷や切り傷の応急処置|火傷の場合|鼻血の正しい対処
    子どもの足の甲の痛みの原因は?扁平足?疲労骨折って?
    足の付け根の後ろ側だけが痛い|坐骨神経痛とは違う|犯人は椅子?
    運動を原因とする膝裏の痛みの正体は?外側が痛い!真ん中が痛む!
    健康保険は整骨院や接骨院で使えるの?不正請求アンケート
    おでこに出来たたんこぶの内出血が目まで下がる?病院は? 
    子供の足の小指が浮いている!浮き指とは?治すにはどうすればいい?
    外反母趾って何?原因は?開帳足?遺伝する?いろんな足の形
    小学生の踵の痛みはシーバー病?原因と症状|対処法は?
    グロインペイン症候群に湿布は必要?簡単テーピング|お役立ち動画
    鍼灸治療院で健康保険は使えない?使い方と不正請求について
    肉離れってそもそも何?どんな症状?原因はどんなこと?
    鍼治療の副作用と事故|効果は?なぜ効くの?頻度は?しすぎない方がいい?
    肉離れにマッサージ|応急処置|完治までの期間|クセになる?
    子供が頭を強打した直後はどうすればいい?気にしておく事は?何故怖い?

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑