七五三ってそもそも何?するべき?必要ない?実施率と相場は?

160922_shichigosan_mairi_ikuta_jinja

11月は七五三の時期ですね。
かわいい着物を着た小さな女の子、凛々しい羽織袴やスーツを着た小さい男の子を見かけることが多くなります。

七五三と言うくらいですから、七歳、五歳、三歳のお祝いごとであることは皆さんご存じでしょうが、そもそも七五三って何なのでしょうか?
あえて、する必要はあるのでしょうか?

「別にいちいちしなくても良いんじゃないの?」って疑問を持っている方もいるかと思いますので、今日はそのあたりの話をしていきますね。

Sponsored Link

七五三ってそもそも何?

七五三は〝子どもが無事に成長したことを祝う行事〟です。
昔は乳幼児の死亡率が高く、7歳までは子供は神の子とされていました。

今の七五三は、晴れ着を着て家族で写真撮影をし、神社に参拝してお祓いを受けて
祝詞をあげてもらい、最後は家族(祖父母や親戚なども)で食事をするというのがパターンです。
けど、肝心の参拝はせずにおめかしをしての写真撮影がメインのご家庭も割りとあるようです。

七五三の日は11月15日ですが、別にこの日にこだわる必要はありません。
10月中旬から11月前半頃で、ご家族の都合の良い日に行うことが一般的です。
別に11月15日を過ぎてもかまいません。
また、先撮りといって写真だけ早くとる方も多いですね。

そして7歳、5歳、3歳のいつするかですが、女の子は3歳か7歳、男の子は3歳か5歳の時にします。
この年齢は、 昔は数え年で行っていましたが、今では満年齢で行う方が多い です。
ただ、 早生まれの子の場合に悩む事が多いようですが、該当年齢になる前でも、なってからでもOK です。

また、兄弟姉妹がいる場合はまとめて行うために、上は満年齢で下は数え年でといった風に臨機応変にする事も多いです。

ただ、11月の後半や12月生まれの場合は、七五三の時期で数えと満年齢が2歳違ってきます。
この場合、数え年で3歳だとまだ満年齢2歳にもなっていない小さな子ですから、3歳でする場合に数えで行うには早すぎる感も否めません。


Sponsored Link

七五三はするべき?必要ない?

既に言いましたように、七五三は〝子どもが無事に成長したことを祝う行事〟です。
大事なのは、無事ここまで成長してくれたことを祝う気持ちだと思います。

ですから、個人的にはあえて晴れ着を着て写真館で撮影したり、神社に参拝したりする必要はないのではないかと思います。
家族皆でお祝いの食事会を開き、デジカメやスマホで記念撮影をするくらいで十分なのではないかと・・・・

ただ、こういった行事ごとは父方と母方の 両家の考え方や地域の慣習 も大いに関係します。また、子ども自身が友達から聞いて「自分も着物を着て行きたい!」といったこともあるでしょう。
ご家族の状況に合わせて、柔軟に考えれば良いと思いますよ(^^)

 「こうしなければいけない!」という事はない のです。


七五三の実施率と費用の相場は?

七五三を盛大にする家庭もあれば、全く気にせず行わない家庭もあります。

そして七五三という行事をあえて行わないご家庭は、いろんな統計を見てみたところ、だいたい2割弱くらいに感じました。

そして七五三に掛ける費用、これはもちろんピンキリで20万円以上かけるところもあれば、するけど数千円ってところもあります。
相場としては、平均して4万円くらいです。

七五三の費用とは、 衣装代、撮影代、お参り代、食事代 が主なところです。
お参り代(初穂料、玉串料)は5,000円くらいからありますから、本来の七五三の意味で行うのであれば1万円以内で行えます。
やはり衣裳と写真館での撮影、最近はこれがパックになったのなどもありますが、結構高くつくんですよね。
衣裳が元々あるか、誰かに借りられるかによっても大きく必要な費用は違ってくる感じです。
あと、食事代は何にするかと人数次第で大きく変わりますね。


まとめ

  • 七五三は、子どもが無事に成長したことを祝う行事

  • 七五三ですることは神社への参拝の他、おめかしをしての写真撮影に食事会など

  • 七五三は11月15日だが、その日じゃなくても良い

  • 七五三の年齢は女の子は3歳か7歳、男の子は3歳か5歳

  • 七五三は本来は数え年で行うが現在は満年齢でする事が多く、こだわり過ぎず兄弟まとめて出来るようになど柔軟に行っても良い

  • 七五三は必ずしなければならないものではない

  • 七五三の実施率は8割強くらいと思われる

  • 七五三の費用の相場は4万円くらい
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    年賀状を捨てる時期は?捨てないとどうなる?保管方法は?
    お中元にお返しは必要?お礼はどのように?断りたいときは?
    だんじり祭とは?岸和田だんじり祭2015|見物時の注意点
    堺大魚夜市とは?お目当ての新鮮魚貝を競り落とせ|駐車場情報
    2015夏のイルミネーションおすすめスポット 神戸・大阪・京都
    恵方巻き2017年の方角は?方位確認は?人気具材25選!
    母の日のプレゼントは何を贈るかではなくどう贈るか 高価過ぎず定番で
    年賀状で新入社員から上司への手書き一言メッセージ20例文とポイント
    「あけましておめでとう」いつまで?年賀状いつまで?新年明けましては変?
    三宮・元町・神戸の安い駐車場70件7000台をルミナリエ前にご紹介!
    釣り好きな父への誕生日プレゼント厳選12選と最後の切り札
    神戸のクリスマスディナーショーに繰り出そう!2015年版
    KobeLovePortみなとまつりって神戸まつり?花火大会?どんな祭り?
    林間学校のバッグ選び|容量は何リットル?泊数別の最適な大きさ
    父の日の物以外のプレゼントは一緒にお酒を!遠方でも帰省!

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑