大型台風10号急激Uターン|最長寿台風?進路予想は本州直撃!2016年

160826_taihuu10gou _honsyuutyokugeki

今年は去年と打って変わって台風が全然発生しませんでしたが、7月からぼちぼち発生しはじめ、8月に入って一気に量産されましたね。
そして9号、10号、11号とトリプル台風が発生し、9号は11年ぶりに関東上陸、10号は東から西へ逆行、そして11号、9号は、9年ぶりに北海道に上陸した7号に続いて直撃し、大きな被害をもたらしました。
いったい昨今の気象状況はどうなってしまっているんでしょうか・・・・

そういえば去年もトリプル台風は発生していましたが、くしくも9号、10号、11号のトリプルでした。
去年のトリプル台風はコチラ
トリプル台風が梅雨前線を刺激する?9号10号11号の進路を過去と比較

ところで、あの逆行して南の海上をうろうろしていた台風10号が遂に動き出しました!

Sponsored Link

超大型迷走台風10号が急激Uターン!

先ほども言いましたが、今年、2016年の台風10号の進路が異常なんです。

8月19日に八丈島(房総半島の南200kmくらい)の東という高緯度で発生した台風10号は、同時期に発生していた兄弟台風の9号、11号に行く手を阻まれた事もあり、日本の少し南を南西に進んでいくという、通常の台風の動きとは逆行する形を取っていました。

そして、南大東島(沖縄本島の東350kmくらい)あたりでまで進みました。
これまで、ウロウロしたり停滞したりしていましたが、 ここに来て進路を急転換 です!(*゜Д゜)
正にUターンですね。

しかも、海面水温の高い海域を、たっぷり時間をかけて南下してきたので、台風のエネルギーとなる水蒸気をたっぷりと受け、台風10号は〝非常に強い台風〟となっています。
今後も成長を続け〝猛烈な台風〝となっていくでしょう。


台風10号は史上最高齢の台風になる?

台風10号は8月19日に千葉県房総半島まであと200kmくらいの本州にとても近い場所で発生しました。

通常であればここから北上するので台風はほんの数日になるのですが、この台風10号はゆっくりと南西に進んでいったため、南大東島の南東約240km付近にいる現在で既に発生から1週間となっています。
11号なんかはもう消えましたもんね。

ちなみに、日本近海で生まれた台風として観測史上最高齢の台風は、1970年の台風12号で、その寿命は9日と6時間でした。
もし、 台風10号が8月29日の午前3時以降も存在し続ければ、史上最高齢の日本近海で発生した台風に なります。
※日本近海とは、ここでは北緯30度以上の日本付近の海域のことを言います。
※発生場所を問わない最高齢の台風は1986年の台風14号で、19日と6時間(1.5日の熱帯低気圧の期間を含む)。

そして、今後、関東方面への上陸が懸念されている現在の予想では、29日の3時というのは、まだ上陸前で本州の遥か南にいる状態。

日本近海で生まれた台風の長寿記録を大きく更新しそうです。

台風10号の逆走や、8月の台風乱発の原因についてはコチラをご覧ください。
台風の量産工場モンスーンジャイア?北海道上陸と10号逆走の原因

Sponsored Link

台風10号の今後の進路予想は本州直撃!!

それでは最後に気になる台風10号の今後の進路を掲載しておきます。
この台風10号は史上最大で最強の台風になるかもしれないと言われている台風です。

台風10号(ライオンロック)

【26日12時の実況】と【その後5日の進路予想図】
強さ        非常に強い
存在地域      南大東島の南約300km
進行方向と速さ   東へゆっくり
中心気圧      945hPa
中心付近の最大風速 秒速45m
最大瞬間風速    秒速60m
暴風域(25m/s以上)全域90km
強風域(15m/s以上)全域190km
160826_taihuu10gou_utern-

【27日12時の実況】と【その後5日の進路予想図】
強さ        強い
存在地域      南大東島の南東約310km
進行方向と速さ   東北東へ時速10km
中心気圧      950hPa
中心付近の最大風速 秒速40m
最大瞬間風速    秒速60m
暴風域(25m/s以上)全域110km
強風域(15m/s以上)南東側440km
          北西側330km
160827_taihuu10gou_sinro--

【28日12時の実況】
強さ        非常に強い
存在地域      日本の南
進行方向と速さ   北東へ時速25km
中心気圧      945hPa
中心付近の最大風速 秒速45m
最大瞬間風速    秒速60m
暴風域(25m/s以上)全域110km
強風域(15m/s以上)南東側500km
          北西側390km
160828_taihuu10gou_sinro

【29日12時の実況】
大きさ       大型
強さ        非常に強い
存在地域      八丈島の南東約340km
進行方向と速さ   北東へ時速25km
中心気圧      945hPa
中心付近の最大風速 秒速45m
最大瞬間風速    秒速65m
暴風域(25m/s以上)南東側150km
          北西側110km
強風域(15m/s以上)南東側650km
          北西側390km
160829_taihuu10gou_saityouju_sinro

【30日12時の実況】
大きさ       大型
強さ        強い
存在地域      いわきの東南東約110km
進行方向と速さ   北北西へ時速40km
中心気圧      965hPa
中心付近の最大風速 秒速35m
最大瞬間風速    秒速50m
暴風域(25m/s以上)北東側190km
          南西側90km
強風域(15m/s以上)南側600km
          北側440km
160830_taihuu10gou_jourikumae_sinro_touhoku

【31日00時の実況】
強さ        温帯低気圧に
存在地域      日本海
進行方向と速さ   北西へ時速75km
中心気圧      976hPa
160831_taihuu10gou-syoumetu

※ライオンロック → 香港にある切り立った岩山の名前

27日更新
予想外の動きをしてきた台風10号ですので、今後も予想どおりに進まないかもしれません。
26日の時点では、気象庁、JTWC(米軍合同台風警報センター)、ウェザーニューズともに、8月30日(火)午前頃に千葉県か茨城県辺りに上陸する見通しでしたが、ここに来てバラツキが出てきました。

気象庁とウェザーニューズは、上陸場所が茨城県、福島県の県境あたりで、上陸はウェザーニューズが30日(火)のお昼頃、気象庁はもっと遅くなる見通しです。
そしてJTWCは上陸場所が宮城県、岩手県の県境あたりで、上陸は31日以降、9月1日頃になるかもしれないような予想です。

台風の勢力は、頭書の予想に比べると若干マシになってる感じですが、それでも強い勢力で上陸する可能性が高いです。
まだまだ予断は許しません。
いまのうちに、しっかりと台風対策をしておきましょう。

29日更新
予想外の動きをして、各機関の予想にバラツキもあった台風10号ですが、大分ルートは固まってきています。
本州への上陸日時は、明日、30日(火)夕方以降で、上陸場所はJTWCが宮城県の仙台市付近、気象庁やウェザーニューズは同じく宮城県の石巻市付近に上陸する予想です。

30日更新
台風10号の上陸が今日8月30日の夕方にも宮城県北部あたりに上陸する可能性が高まってきました。
台風が接近すると突然風が強まります。
そして、東北地方を中心に暴風雨となる恐れがありますので、お住まいの方は厳重に警戒するべきでしょう。

31日更新
大型で強い台風10号は、日本付近、千葉の南方で発生し、南西に向かう異例の進路を取り、そしてUターンして左巻きに進み、昨日の午後6時前、岩手県の大船渡市付近に上陸しました。
台風が東北地方の太平洋側から上陸するのは、1951年の観測開始以降初のことでした。
最後まで異例の進路を取った台風10号でしたね。

そして、既に速度は速くなっていたので上陸している時間はそれほど長くはありませんでしたが、岩手県や、今年何度も台風被害にあっている北海道にまた大きな爪痕を残していきました。

ここ数年、気象上で史上初的なことが多く起こっています。
異常気象、異常気象と言いますが、ホント何が起こるか分かりませんね。

※本ページは気象庁が発表した情報を元に作成し、天気図等の画像も同庁のものを引用しています。
・気象庁hp ⇒ http://www.jma.go.jp/


まとめ

  • 2年連続発生のトリプル台風は、昨年と同じく9号、10号、11号

  • 高緯度から南西に向かった台風10号の進路は異様

  • 台風10号は発生後1週間の8月26日に急激にUターンを開始した

  • 台風10号はゆっくり南下する間にたっぷりとエネルギーを蓄え大型台風に!

  • 台風10号は8月29日の午前3時以降も存続すれば史上最高齢の台風となる
     ⇒なりました

  • 台風10号の進路予想は北関東直撃
     ⇒東北直撃となりそうです⇒岩手県に上陸しました。
  • Sponsored Link

    ※この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    • 最高齢が9日6時間とはどこから出た情報でしょうか?

      気象庁だと以下のように書いていますが?
      http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/ranking/longevity.html

      by 匿名 2016-08-28

      • >匿名さん
        ご指摘ありがとうございます。
        ここでの最高齢は、日本付近で発生した台風限定です。
        紛らわしかったと思いましたので、注釈をつけ、日本近海での発生を強調しておきました。

        by sanmon 2016-08-31

    コメントを残す




    関連記事

    3つの台風は同時発生で予想外の進路に!9号10号11号の現状と今後
    ゲリラ豪雨って何?原因は?|スコールとの違い|夕立との違い
    最大瞬間風速81.1m与那国島観測史上最大|ベスト10更新|どんな風?
    2017年の北陸地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    台風の量産工場モンスーンジャイア?北海道上陸と10号逆走の原因
    ダブル台風15号がVターンで16号は北上!予想進路と最新情報
    2015台風24号が日本へ!米軍等7ヶ国の最新進路予想|25号は停滞気味
    台風27号発生で観測史上初!台風の平年値と地方ごとの違い
    台風12号が復活?熱帯低気圧と温帯低気圧と|進路予想は週末日本へ
    台風18号が名古屋直撃へ!その後は?最新情報と予想進路
    2015台風21号最新情報と進路予想|また先島諸島直撃?ヨーロッパと米軍予報
    台風12号の進路予想は九州方面!現況と経路|暴風域に入る日時は?|2015年
    2017年の中国地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    超大型台風23号が東北から北海道へ|2015最新情報|米軍進路予想
    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑