第二名神高速道路って開通してるの?新名神の使い道?最高速度は?

150429_sinmeisin_kousokudouro

少し前といっても、なんやかんやで10年くらいになるでしょうか・・・・
第二名神(第二東名)高速道路が出来る!!最高速度は時速140kmに!!
とか騒がれていましたが、覚えておられますか?

これってもう、開通してるんですかね?


新東名を含めた開通状況や路線などについてはコチラをどうぞ
新東名高速が愛知まで繋がった!全線開通?新名神へと繋がります

Sponsored Link


第二名神高速道路ってもう開通してるの?え!?新名神?

第二名神高速道路・・・ってずっと思ってたんですが、この名称、
2007年4月23日に「新名神高速道路」って名前に正式決定していたようです
もう、8年も前の話ですね^.^;

新名神高速道路、その名のとおり名古屋~神戸間を結ぶ高速道路ですが
現状、名神と東名が連結し神戸~東京間を結んでいるように
新名神と新東名が神戸~東京間を結びます

なぜ、元々大きな高速道路が走っているのに
更にもうひとつ造るかというと
簡単に言えば、名神と東名だけではいっぱいいっぱいで、「渋滞たまらんわ!」
って状態になってしまっているからです

それでは、ここでは新名神に絞ってお話しさせて頂きます

神戸と名古屋を結ぶといっても、厳密には
神戸市北区から大阪府、京都府、滋賀県を経由し、三重県四日市へ繋がります

最西端の神戸ジャンクション(JCT)からは中国自動車道と山陽自動車道に分岐し
最東端の四日市JCT(予定)からは伊勢湾岸自動車道と東海環状自動車道に分岐し
そして新東名へと連結するので、厳密には、直接、新名神と新東名が繋がるわけではありません

新名神の神戸~名古屋間のルートを見ると
先に造られた名神は中山道に沿ったルートで
関ヶ原・米原を経由しているのに対して
新名神は東海道に沿ったルートの国道1号と同じく、亀山・鈴鹿峠を経由します
この新名神のルートは、既存の名神に比べるとかなり神戸~名古屋間が
直線的に結ばれており、全線開通した場合には
神戸JCT~豊田JCT(愛知県豊田市)間を通行する際に
既存の中国道・名神・東名経由の場合、約240kmの約160分かかるところ
新名神・伊勢湾岸道経由の場合、約210kmの約130分となり
距離は約30km、時間は30分が短縮されることになります

新名神開通による他の効果として
・鈴鹿峠を挟む三重・滋賀県間の交通事情の改善
・名神きっての豪雪地帯で
冬季に速度規制や通行止措置が頻発している関ヶ原町を通る
 米原JCT(滋賀県米原市)~大垣IC(岐阜県大垣市)間の回避
・中国道の宝塚東・西トンネルの慢性的な渋滞緩和
 などが期待されています

と、
今までの文を読んで頂ければお変わりのように
新名神高速道路はまだ全線開通していません。新東名も同様です
途中がちょこっとだけ開通している状態です

新名神高速道路の開通予定と使い道

それでは、現在の開通状況と、今後の予定はどのようになっているのでしょうか?

まず、既に開通しているところは以下の区間だけです
 大津JCT~信楽IC~甲南IC~亀山西JCT間(42km) 

しかし、大津JCTはまだ完成していないので
そのまま名神の草津JCTまで行くことになり
そして亀山西JCTもまだ完成していないので
そのまま、東名阪自動車道の亀山JCTまで行くことになります

今後の開通予定を西から見ていきますと

新名神高速道路 今後の開通予定
※以下の開通予定年度は、日本高速道路保有・債務返済機構との協定上の完成予定年度であり、実際の開通予定とは異なる場合があります

八幡JCT/IC~城陽JCT/IC(3.5km)
平成28年度開通予定
 
神戸JCT~宝塚北SIC~川西IC~箕面IC~茨木北IC~高槻第一JCT(40.5km)
平成30年度開通予定(平成28年度の完成を目指している)

亀山西JCT~鈴鹿SIC~菰野IC~四日市北JCT(23.4km)
平成30年度開通予定

高槻第一JCT~八幡JCT/IC(10.7km)
平成35年度開通予定

城陽JCT/IC~宇治田原IC~大津SIC~大津JCT(25.1km)
平成35年度開通予定

 
上記の開通予定も当初の予定よりも遅くなっていることからも更に開通時期が遅くなることも十分考えられます

現状で、神戸方面から走ってくると
名神と新名神の分岐は草津JCTになります
そして、再び合流するのは
東名高速と伊勢湾岸自動車道が合流する豊田JCTです
草津JCT~豊田JCTを比べると以下のようになりました

名神   走行距離 約160km 所要時間 2時間05分
新名神  走行距離 約126km 所要時間 1時間35分

走行距離にして約34km、所要時間にして約30分の短縮です
新名神の方が交通量は多いようです

ただ、現状、新名神から東名阪自動車道に繋がることから、東名阪の慢性的な渋滞を起こす結果となっています

京都より西から愛知県南東部より東に赴く場合、またはその逆の場合は
新名神を使うメリットが大いにあると思いますが、使用するときは
道路状況をしっかり確認した上でルート選択をするのがいいでしょう

Sponsored Link


新名神高速道路の最高速度は時速140kmってホント?

第二名神が出来るといった話題が昇ったときは
制限最高速度が時速140kmに!
なんて話も耳にしました
これがどうなったのかというと、あくまで道路の設計上の最高速度が
140kmというだけであって
新名神の最高速度は高速道路の法定速度である時速100kmのままです

設計上、時速140km出しても大丈夫な道路であるのなら
せめて120kmくらいにしてもいいのではないかと思うのですが
高速自動車道の法定速度である時速100kmという数字は
車と道路が目覚ましい進歩を遂げているものの40年以上変わっていません

そして、スピードを出しやすい新名神という道を造っておきながら
道交法上の最高速度はそのままにし
その安全にスピードを出せる道で、取り締まりを頻繁に行うという現状があります

いつまで経っても高速道路の最高速度が変わらない理由
お分かり頂けましたか?

まとめ

  • 第二名神の正式名称は新名神高速道路

  • 現在開通しているのは大津から亀山まで

  • 全線開通は平成35年度の予定

  • 京都より西から愛知県南東部より東に赴く場合は大いにメリットあり

  • 制限速度の引き上げはなかなか難しそう。現状は時速100kmのまま
  • Sponsored Link

    ※この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    • こちらの情報は本当に合っていますか?
      神戸JCTから高槻JCTの開通予定は、暫定開通になりますが平成28年度のはずです。

      by 名無し 2015-07-09

    • >名無しさん
      おっしゃるとおり、暫定開通は平成28年度になります。
      言葉足らずでしたので、注意書きを入れておきました。
      ご指摘、ありがとうございます。

      by sanmon 2015-07-10

    • 城陽JCT/IC~宇田原IC~大津SIC~大津JCT(25.1km)
      平成35年度開通予定

      上記の記載がありますが、「宇田原IC」は有り得ません。
      地元民ですが、その様な地名は有りません。
      「宇治田原IC」の間違いではないでしょうか?

      by 匿名 2015-08-07

    • >匿名さん
      ご指摘ありがとうございます。
      タイプミスです。
      修正しておきました!

      by sanmon 2015-08-07

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑