震災後のトイレ事情|風呂に溜めておく?排水管や下水道が壊れていたら?

160423_kanitoire_benjo_sinsai

震度6~7クラスの大地震が来ればライフラインは止まってしまいます。

電気の復旧は結構早いのですが、ガスと水道は月単位の復旧期間が必要になってくる地域も多くなってきます。
そして、実際に震災に遭っていない人の想像が余り働かないのがトイレの事なんです。
これ、とっても重大な問題なんですよ。

Sponsored Link

大震災後のトイレ事情

阪神淡路大震災でもそうですし、東日本大震災でもそうだったようですが、震災後のトイレ事情は劣悪です。

公園内の公衆トイレなどは、大便器だけでなく個室内全体、それに小便器、手洗い場、通路、建物の裏側などにも足の踏み場もないくらいに汚物が散乱している状況でした。
長期間トイレを流すことが出来ないとこのような事になってしまうんですね。

学校など避難所に使われている所には仮設トイレも設置されますが、上記の公衆便所ほどではないにしても、決して綺麗なものではありません。

熊本は今、どのような状況なのでしょうか・・・・。
市町村指定の避難所に避難せず、ずっと車中泊したり自主避難所に避難されている方も多いようですが、トイレ問題は深刻だと思われます。


断水時のためにお風呂に水を溜めておけば良いって聞いたけど?

幸いに家が潰れなかった場合は断水していてもトイレは使えたりします。
上水道は送水のために圧力をかけているので、その圧力が止まれば送水も止まりますが、下水道は圧力を利用していないので配管などが破損しないかぎり、通常通り利用できるんですね。

ただ、もちろんタンクに水は溜まりませんので、流すための水が必要になります。
逆に言えば、水さえ確保できれば、断水していてもトイレは流せるんですね。

さて水の確保ですが、例えば川や海、湖、池などが近くにあるのなら、その水を利用することが出来ます。
家の周囲にそのような水を確保できる場所がないのであれば、普段からお風呂に水を溜めておくようにしておけば(残り湯を捨てない)、いざという時に2日くらいトイレは流せるかと思います(使用人数や残り湯の量にもよりますが・・・)。

ただ、そうすることでトイレを使えたとしても排水管を詰まらせないようにするために、トイレットペーパーは流さずにゴミ袋に入れて捨てるようにし、小便の場合は流さず、便を流す場合は、貯水タンクに水を入れて流すのではなく、便器の排水口に向けて最低5リットル以上の水を勢いよく一気に流すようにした方が良いでしょう。

ただ、この方法もマンションなどの集合住宅の場合は安易に行うべきではありません

もし、建物内の排水管が壊れている場合に、上の階の人達がこの方法でトイレを流すと、下の階、特に1階のトイレは汚水が逆流して溢れ出すという惨事が起こってしまいます。

ただ、排水管が壊れているかどうかはすぐには分かりませんよね。
目安としては震度5強以上の地震だとまず使ってはダメみたいです。
ただ、他の人への迷惑の恐れを考えれば5弱あたりでも控えた方がよさそうですね。

それでは、自分で調達した水を使ってトイレを流せない場合は、どうすれば良いのでしょうか?

Sponsored Link

排水管や下水道が壊れていたらどうなる?

上記の状況のように、トイレの水を流してはいけない状況の場合はどうすればよいでしょうか。

今の世の中、便利なものが多数あります。
簡易トイレってやつですね。
吸水シート、ポリマーシート、粉末凝固剤、タブレット型処理剤、大人用おむつ色んなものがありますが、これらを防災グッズとして準備しておくのもいいでしょう。
けど、人間用のこのようなグッズは結構高価です。

そこで、経済的でかつ結構使えるのが猫砂なんです。
そう、猫のトイレ用のやつです。

使い方等は以下のような感じです。

事前準備
①大きなゴミ袋と猫砂を用意する
②保管方法は、湿気が少なく射日光が当たらない所で

使用時
①ゴミ袋の中に、猫砂を適量いれる
②小便、大便のあと、上に新しい猫砂をかけておく
③猫砂が吸水しなくなったり、ゴミ袋内の猫砂が多くなってくれば袋ごと取り替え、ゴミ袋は後日捨てる

注1)猫砂は燃えるゴミとして出せるタイプのもを使用してください。鉱物系の猫砂はダメな地域もあります。
※事前に確認しておきましょう
注2)ゴミ袋に穴があいて猫砂がもれると排水管が詰まるので、厚手のものを使うが二重にして使いましょう
注3)猫砂の量が少ないようであれば、適宜足していけば良いです

使用する猫砂は猫を飼っている方はよくご存じでしょうが、実にいろんな種類のものがあります。

先ほど、自治体では燃えないゴミでの回収不可の地域もあるとお話しした鉱物タイプの他、木のタイプ、紙のタイプ、シリカゲルタイプ、おからタイプ、お茶タイプその他、いろんな原料があります。
そして機能面も固まるタイプはもちろんのこと、撥水タイプ、消臭・抗菌タイプ、燃やせるタイプ、トイレに流せるタイプなど。
トイレに流せるタイプなんかは、震災後に使うための用途としては意味ありませんから、何でもいいってわけじゃないんですね。

ここでお薦めなのが、シリカゲルタイプのものです。
固まりませんが尿をしっかり吸収し、何より消臭という点では抜群の力を発揮します。
また、大の方も水分が抜け固まります。
震災後は、ゴミが回収されず長期間保管しておく可能性もありますし、袋を綴じる前も出来るだけ臭いは少ないにこしたことはありません。
値段的にも良いと思います。

シリカゲルタイプの猫砂を探す

●防災グッズについて知りたい方はコチラ
防災グッズをとりあえず準備!セットに入っていなくて必要なモノは?

●緊急速報について知りたい方はコチラ
iPhoneの緊急速報が大音量過ぎる!見方は?どんな時に鳴るの?

●車の水没と保険についてはコチラ
車が水没したら保険は効くの?廃車?修理可能?浸水時の走行方法

まとめ

  • 大地震後のガスと水道の復旧は月単位を要する

  • 震災後のトイレ事情は劣悪

  • 断水していても、排水管が破損していなければ、水さえ調達すればトイレの水は流せる

  • 集合住宅で排水管が破損している状況で、トイレを流すと階下の住人に大迷惑を掛ける

  • トイレを流せないときに使う簡易トイレにはネコ砂がお薦め
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑