インフルエンザで市販の解熱剤は飲んだら危険?大丈夫?

160223_infuruenza_genetuzai_sihanyaku

インフルエンザ、各地で猛威をふるってますね。((((;゚Д゚))))

冬の時期に高熱が出れば、インフルエンザを疑って速やかに病院に行くべきですが(出来れば発症から1日くらいで)、仕事に穴を空けられなかったり、土日だったりでタイミングを逃してしまうことってありますよね。
また、わざわざインフルエンザウイルスが蔓延している病院に行きたくないという方も。

けど、熱はグングン上がってきて、とってもしんどい状態に(;д;) 
とりあえず、この高熱を下げたい!ってとき・・・気をつけてください!!

Sponsored Link

インフルエンザっぽいときに市販の解熱剤は?

高熱が出て辛いときは、熱を下げれば楽になります。

熱を下げる方法もいろいろありますが、まぁ、てっとり早いのは解熱剤を飲むことですよね。
お子さんなら坐薬入れたりとか。

けど、安易に市販の解熱剤を飲むのは辞めてくださいね!

もしインフルエンザに感染しているのなら、解熱剤の種類によってはインフルエンザ脳症やインフルエンザ脳炎になってしまう危険が高まります。
特にお子さんの場合は。
また、肝機能障害などを起こすこともあります。

【インフルエンザ脳炎・インフルエンザ脳症とは】
インフルエンザにかかった特に幼児(主に1~5才)に多く、けいれん、意識障害、異常行動などの急速に進行する神経症状がみられます。
さらに、血管が詰まったり、多くの臓器が働かなくなり、その結果、命に関わる重篤な疾患をインフルエンザ脳炎・脳症といいます。
脳炎と脳症との鑑別は厳密には難しいのですが、一般的に、脳内に直接ウイルスが入り込んで炎症を起こす場合を脳炎、脳内にウイルスが検出されず、過剰な免疫反応が見られる場合に脳症と診断されるようです。

熱の出る意味を知っておく

そもそも発熱の原因は、インフルエンザウイルスが直接の原因ではありません。
発熱は身体に侵入してきたウイルスを攻撃し、死滅させるための防御反応なんです。

ですから、 熱を無理矢理下げても根本的な治療にはなっていません 
それどころか、身体がウイルスと戦うのに不利な状況を作り出すことになるんです。
インフルエンザウイルスだけでなく、他のウイルスでも細菌でも、体温が上がると増殖スピードが鈍るらしく、白血球の働きも強まりますので、熱が高い方がウイルスとの戦いに有利なんです。

Sponsored Link

インフルエンザのときに飲んだら危険な解熱剤

なるべく無理矢理に熱を下げない方が良いといっても、あまりに高熱が出た場合や、しんどくて仕方がない場合は、解熱剤(熱冷まし)を飲んででも熱を下げた方が良いこともあります。

しかし、インフルエンザと診断されて病院から出ている解熱剤なら問題ありませんが、とりあえず市販薬を使おうとする場合は、何でも良いわけではありません。
先ほど言ったように、インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症を引き起こす可能性が出てきます。

解熱剤には、ジクロフェナクナトリウムアスピリン(アセチルサリチル酸)メフェナム酸といった成分が含まれている事が多く、これらが身体の中で発熱や血管修復の働きを抑制するので、解熱剤を使用すると熱が下がるだけでなく、脳炎や脳症のときに見られる血管炎を治りにくくなるため、インフルエンザ脳症等を重症化させてしまう可能性があるんですね。

ジクロフェナクナトリウムの製品名は、ボルタレンです。
ボルタレンは有名ですよね。
まぁボルタレンの飲み薬は市販されていませんが、これらが含まれているものは、インフルエンザの疑いがある場合は、服用は禁忌(きんき)です。
※禁忌-してはいけないこと

上記の成分が含まれた市販薬は以下のような感じです。
ただ、同じ商品名でもいろいろあるので、入っていないものもあるかもしれませんので、 しっかりと薬剤師さんに確認 しましょうね。

ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)
飲み薬は市販されていません
メフェナム酸(ポンタールなど)
昔は薬局で売っていましたが、今は市販されていません。
アスピリン(アセチルサリチル酸)
・バファリン、エキセドリン(ライオン)
・ケロリン(内外製薬)
・ベネスロン(ホーユー) 等

以上からも、インフルエンザの可能性がある場合に、市販の解熱在を購入するなら、アスピリン系に気をつけるってことですね。

また、昔、病院で貰った解熱剤が残っていたから、それを使おう!って考えるかたもいるかもしれません。
けど、自己判断で使っては危険だからジクロフェナクやメフェナム酸が入っているものは市販されていないことも理解してください。
また、薬にも消費期限があり、病院で処方される薬は市販薬よりも消費期限は短いです。


インフルエンザのときに飲んでも大丈夫な解熱剤

インフルエンザの場合でも飲んで大丈夫な解熱剤は、主成分がアセトアミノフェン、またはイブプロフェンといった場合です。

具体的には以下のような商品です。


アセトアミノフェン系


・ノーシン(アクラス)

【RCP】頭痛・発熱に!ノーシンホワイト錠  36錠 【第(2)類医薬品】【解熱鎮痛剤】

・タイレノール(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

【第2類医薬品】 タイレノールA 20錠

・セデス(シオノギ製薬)

【第(2)類医薬品】 セデスハイ 40錠

・小児用バファリン(ライオン)

【第2類医薬品】 小児用バファリン CII 48錠フルーツ味

・こどもリングルサット(佐藤製薬)

【第2類医薬品】こどもリングルサット 24T[リングル 風邪薬/小児・乳児用/解熱鎮痛剤]


※坐薬
・こどもパブロン坐薬

【第2類医薬品】こどもパブロン坐薬 10個入[パブロン 風邪薬/解熱鎮痛剤/坐薬]【あす楽対応】

・こども解熱坐薬(宇津救命丸)

【第2類医薬品】 こども解熱坐薬 キオリトル 10個入


イブプロフェン系


・イブ(エスエス製薬)

【第(2)類医薬品】 イブA 60錠 【あす楽対応】

・リングルアイビー(佐藤製薬)

【第(2)類医薬品】リングルアイビー 36カプセル【楽天24】[リングルアイビー 風邪薬/解熱鎮痛剤/かぜ薬]


まとめ

  • インフルエンザのときに解熱剤を飲むと、種類によっては脳症や脳炎の危険性が高まる

  • 熱が出ているのはウイルスと戦っている証拠、むやみに下げると逆に長引くことにも

  • インフルエンザっぽければ、アスピリンの入った解熱剤を飲んではいけない

  • インフルエンザでも大丈夫な解熱剤は、アセトアミノフェン系とイブプロフェン系
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    鎮痛剤の強さは三段階|痛み止めの仕組み|NSAIDs|鎮痛薬と鎮痛剤の違い
    インフルエンザ予防接種に健康保険は?費用は?定期と任意と集団接種
    子供の頻尿は膀胱炎?ストレスが原因|心因性の対処方法
    インフルエンザ予防接種いつまで?2015ワクチンが変わる|効果は?
    痛みは他人に分からない!測定方法は無い?数値化できるペインビジョン
    発熱だけの熱中症や風邪ってある?解熱剤は?熱が出る仕組みの違い
    微熱と咳が続き胸も痛む|発熱4日ルール|肺結核|マイコプラズマ肺炎
    痛み止めボルタレンとロキソニンの効き方|量と間隔|酒は控えた方がいい?
    薬を使わない口内炎の治し方|塩うがい|歯磨き粉|鼻呼吸
    熱中症の重傷度3分類|予防や治療には何を飲む?スポーツドリンクは?
    スキニージーンズが危険!?コンパートメント症候群|慢性と予防法
    熱中症にかかりやすい人|運動の目安|熱射病や日射病との違い
    喉が痛い原因はリンパ腺?リンパ節炎って?病院は何科を受診?
    アタマジラミは学校に報告?大人も感染?まつ毛とまゆ毛は?ヘアーキャストって何?
    アタマジラミ?感染経路は?病院は?専用くしで!洗濯とかは?

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑