台風27号発生で観測史上初!台風の平年値と地方ごとの違い

151211_taihuu27gou_2015_kansokusijouhatu

いやぁ、昨夜から朝にかけてもの凄い風でした。
うちの近所も看板がぶっ飛んでました(;゜゜)

一昨日、ルミナリエ見に行ってきたとこなんですが、なんと今朝、ルミナリエのメイン会場の東遊園地南っ側の2国に面した噴水のところの電飾が強風で、完全に倒壊してしまいました(~_~;)
そこの電飾はもう今回は無理そうですが、今日もルミナリエは開催されているようです。

この電飾は過去の気象データから風速20mの風に耐えられるように設計されていたとのことですが、今朝の神戸の最大瞬間風速は20.7mでした。

この風は発達した低気圧に南から吹き込んだ風が強かったからで、和歌山では最大瞬間風速35mに達しましたが、決して台風ではないんです。
この風は、台風ではないんですが、はるか南の海上では本日15時、台風27号が発生しています。

そして、観測史上初となりました。

Sponsored Link

台風27号発生で遂に観測史上初!!

日本のはるか南の海上で発生した台風27号(メーロー)、この台風は現在カロリン諸島ってとこにいて、今後フィリピンに向かう予報で、日本に接近することはまずありません。

ところで、今月台風27号が発生したことで、 2015年は1月から12月までの全ての月で台風が発生 しました。

なんとこれは、台風の統計が始まった1951年からの65年間で初めてのこと。
そう、史上初なんですヽ(゜∀゜)

そして、去年の6月から19ヶ月連続発生中で、これは1964年5月~1965年11月の記録に並ぶタイ記録なんです。
そう、つまり1月も台風が発生すれば、これも史上初ってことですね。

この記録が出ているのはずばりエルニーニョ現象(※)の影響です。
エルニーニョ現象は来年の春ころまで続くと見られているので、記録はまだ伸びていく可能性がありそうです。
※ エルニーニョ現象
太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象のこと。


Sponsored Link

台風発生数の平年値は?接近数と上陸数は?

今年は台風が観測史上初の毎月発生ということで、さぞ台風がたくさん発生したのかと思いきやそうでもないんです。

平年値(※)はなんと25.6個、つまり27号っていうのはほぼ平年どおりって数なんですね。
※ 平年値についてはコチラで詳しく書いています
平年並みって?・・・・

では、台風の発生数だけでなく、接近数と上陸数は各月どれくらいなのか平年値を見てみましょう。

●台風の平年値

年間1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
発生数25.60.30.10.30.61.11.73.65.94.83.62.31.2
接近数11.40.20.60.82.13.42.91.50.60.1
上陸数2.70.00.20.50.90.80.20.0
※1 値が空白となっている月は平年値を求める統計期間内に該当する台風が1例もなかったことを示している
※2 接近は2か月にまたがる場合があり、各月の接近数の合計と年間の接近数とは必ずしも一致しない
※3 〝接近〟とは台風の中心が国内のいずれかの気象官署等から300km以内に入った場合を指す
※4 〝上陸〟とは台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を指す


次に今年、2015年の台風を見てみます。

●2015年の台風

年間1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
発生数27112122345411
接近数132344
上陸数4211

接近数と上陸数にいたっては、平年より少ないくらいだったんですね。


台風接近数の地方ごとの違いは?やっぱり沖縄は多い?

それでは、次に台風の地方ごとの接近数を見てみます。
地方差は結構あるのでしょうか。

●地方ごとの台風接近数の平年値

年間1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
沖縄7.40.00.40.61.42.21.70.90.30.1
伊豆諸島
小笠原諸島
5.40.10.40.30.81.21.31.10.30.1
奄美3.80.00.10.30.81.01.10.60.0
九州南部3.30.00.00.40.70.91.00.40.0
東海3.30.00.20.51.01.00.50.0
九州北部3.20.00.00.30.81.01.00.3
近畿3.20.00.30.51.01.00.50.0
四国3.10.00.30.61.00.90.30.0
関東甲信3.10.00.20.40.91.10.60.0
中国2.60.00.30.50.80.90.20.0
東北2.60.00.10.30.80.90.4
北陸2.50.20.40.90.80.20.0
北海道1.80.10.20.70.70.1

やはり沖縄が群を抜いて多いです。
北海道は台風がこない印象ですが、たまには近付いてくるんですね。

近畿地方は3.2個ですが、これは和歌山が多いからだと思います。
私の住む神戸は、むしろ中国地方に近い数値なんじゃないでしょうか。
瀬戸内海や大阪湾の方は、手前にある四国や紀伊半島のおかげで、台風がもろに上陸してくることは少ないんです。


まとめ

  • 本日15時頃、日本のはるか南の海上で台風27号(メーロー)が発生した

  • 台風27号が日本に接近することは、ほぼない

  • 2015年は1月から12月まで毎月台風が発生した。これは観測史上初めてのこと

  • 去年の6月から連続19ヶ月台風発生中で、1月も発生すればこれも観測史上初に

  • 台風が発生し続けているのはエルニーニョ現象の影響

  • 2015年は台風が毎月発生しているものの、発生数、接近数、上陸数とも特に多いわけではない

  • 台風の接近はやはり沖縄がダントツで多い
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    2015年の東北地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    ダブル台風24号&25号発生!進路予想は沖縄?そして関東?2015年
    超大型台風23号が東北から北海道へ|2015最新情報|米軍進路予想
    2015台風が50年ぶりの連続発生中!12月も発生?26号の最新進路
    今年の東海地方の梅雨明けはいつ?予想を気象庁データ等から
    双子の台風15号が列島縦断か!16号は?最新情報と予想進路2015
    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に
    3つの台風は同時発生で予想外の進路に!9号10号11号の現状と今後
    日本の最高気温ランキング40℃超|2015年8月の猛暑|猛暑日?真夏日?夏日?熱帯夜?真夏の気象用語
    北陸地方の梅雨明けはいつ?2015気象庁とウェザーニュズ見解に過去データ予想
    今年の中国地方の梅雨明けはいつ?予想を気象庁データ等から
    台風の量産工場モンスーンジャイア?北海道上陸と10号逆走の原因
    今年一番の強さになった台風13号が900hPaに!最新進路予想
    トリプル台風が梅雨前線を刺激する?9号10号11号の進路を過去と比較
    近畿地方の梅雨明けはいつ?2015見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・関西の過去データから

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑