2015台風24号が日本へ!米軍等7ヶ国の最新進路予想|25号は停滞気味

151021①taihuu24gou_25gou_w-taihuu2015

フィリピンのルソン島に直撃して猛威をふるった台風24号は、12人の死者を出し、6万5000人以上の住民の避難を余儀なくさせ、土砂崩れを発生させ孤立する地域を生み出しています。

先日まで、24号は台湾島方面に向かう予報で、石垣島や与那国島などのある先島諸島には大きな影響が出そうでしたが、その後の進路が急展開です。

Sponsored Link

2015台風24号が日本へ!沖縄、九州、四国そして本州・・・

台湾島方面へと向かう大方の予想だった台風24号(コップ)は、長い時間を掛けてフィリピンのルソン島を西へと横断したことから勢力は弱まっていますが、進路を90°右に移し北上、さらに迷走しながら90°右に方向を移しUターンした形で東へと進んでいます。

そして、今後は台湾へとは向かいません。
進路は左に90°変えた後、先島諸島の南を通り、沖縄本島方面へと進んで行く可能性が濃厚です。

更にその後は九州、四国そして本州の直撃の可能性が高まってきています。

それでは台風24号の現況と今後の予報を見てみましょう。

台風24号(コップ)

【21日(水)6時の実況】
大きさ・強さ    -・-
存在地域      バジー海峡
進行方向と速さ   東北東へゆっくり
中心気圧      996hPa
中心付近の最大風速 秒速18m
最大瞬間風速    秒速25m
暴風域(25m/s以上)なし
強風域(15m/s以上)全域330km

【22日(木)6時の予報】
強さ        -
存在地域      バジー海峡
進行方向と速さ   ほとんど停滞
中心気圧      996hPa
中心付近の最大風速 秒速18m
最大瞬間風速    秒速25m

【23日(金)3時の予報】
強さ        -
存在地域      バジー海峡
進行方向と速さ   ほとんど停滞
中心気圧      998hPa
中心付近の最大風速 秒速18m
最大瞬間風速    秒速25m

【24日(土)3時の予報】
強さ        -
存在地域      バジー海峡
進行方向と速さ   北北東へゆっくり
中心気圧      998hPa
中心付近の最大風速 秒速18m
最大瞬間風速    秒速25m

【25日(日)3時の予報】
存在地域      沖縄の南
進行方向と速さ   北北東へゆっくり

※バジー海峡⇒ 台湾島南端からフィリピンのルソン島間のルソン海峡のうち、台湾島側鵝鑾鼻岬とフィリピン領バタン諸島との間にある海峡。

※〝コップ〟の意味 ⇒ コップ座(日本)

※これ以前の進路等はコチラ
台風24号でまた与那国と石垣が|各国進路予想・・


26日(月)までの進路予想図
151021②taihuu24gou2015_okinawahe

Sponsored Link

迷走する台風24号の米軍等7ヶ国の最新進路予想

次に台風24号の各国の進路予想は、元々、台湾等の東側へと進むのが多勢で、フィリピンの予想が一番東ルートを辿っていました。
そして信頼性のかなり高いと言われる米軍(JTWC)は台湾島の西へと進む予想でしたので、今回に関しては大きく外れた形になりました。

それでは、その後の修正された各国の予想進路を見て見ましょう。
各国とは以下の国々です。

香港    HONG KONG(HKO)
アメリカ  USA(JTWC)米軍
日本    JAPAN(MA)気象庁
中国    BEIJING(NEC)北京
台湾    TAIWAN(CWB)
韓国    KORIA(KMA)
フィリピン PHIRI.(PAGASA)


151021③taihuu24gou_2015_jtwc_jma


台風25号は停滞気味で小笠原へは週末の土曜あたりに

次に強い台風25号です。
22日(木)頃に、小笠原諸島の父島列島、母島列島に最接近しそうな予想でしたが、その後はどうなっているのでしょうか。

現況と今後の予想です。

台風25号(チャンパー)

【21日(水)6時の実況】
大きさ・強さ    -・強い
存在地域      硫黄島※の南南西約290km
進行方向と速さ   北北東へゆっくり
中心気圧      950hPa
中心付近の最大風速 秒速40m
最大瞬間風速    秒速60m
暴風域(25m/s以上)全域110km
強風域(15m/s以上)全域280km

【22日(木)6時の予報】
強さ        強い
存在地域      硫黄島の東南東約180km
進行方向と速さ   北東へゆっくり
中心気圧      950hPa
中心付近の最大風速 秒速40m
最大瞬間風速    秒速60m
暴風警戒域     全域260km

【23日(金)3時の予報】
強さ        強い
存在地域      硫黄島の東南東約170km
進行方向と速さ   東北東へ時速10km
中心気圧      950hPa
中心付近の最大風速 秒速40m
最大瞬間風速    秒速60m
暴風警戒域     全域410km

【24日(土)3時の予報】
強さ        強い
存在地域      小笠原近海
進行方向と速さ   東北東へ時速20km
中心気圧      960hPa
中心付近の最大風速 秒速40m
最大瞬間風速    秒速55m
暴風警戒域     全域500km

【25日(日)3時の予報】
存在地域      南鳥島近海
進行方向と速さ   東北東へ時速30km

【26日(月)3時の予報】
存在地域      日本のはるか東
進行方向と速さ   東北東へ時速65km

※硫黄島 ⇒ 小笠原諸島の南端近く、父島から南南西約260kmの位置に所在する、東西8km、南北4kmの島。

※南鳥島 ⇒ 本州から1,800 km離れた日本の最東端に位置する島で、一辺が約2kmのほぼ正三角形の平坦な島。最高地点の標高は9 mしかない。

※〝チャンパー〟の意味 ⇒ 赤いジャスミン(ラオス)

※これ以前の進路等はコチラ
・・・25号は小笠原直撃へ


26日(月)までの進路予想図
151021④taihuu25gou_ogasawara


小笠原諸島への最接近は22日(木)の夜から23日(金)にかけてになりそうです。
また、日本海にある移動性高気圧の影響で、台風の速度が非常に遅くなっており、荒天が長引きそうです。


※本ページは気象庁が発表した情報を元に作成し、天気図等の画像は同庁及びMulti-Agency Tropical Cyclone Forecastのホームページに掲載のものを引用しています。
・気象庁 ⇒ http://www.jma.go.jp/jp/typh/
・Multi-Agency Tropical Cyclone Forecast ⇒ http://www.typhoon2000.ph/multi/


まとめ

  • 台風24号はフィリピンのルソン島で大きな被害をもたらした

  • 台風24号は台湾への進路から沖縄への進路へと転換した

  • 台風24号は24日(土)から25日(日)にかけて先島諸島から沖縄本島に接近の可能性大

  • 台風25号は日本海の高気圧の影響もあり速度が非常に遅くなっている

  • 台風25号の小笠原諸島への最接近は22日(木)の夜から23日(金)にかけてになりそう
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    週末は台風21号の前線刺激で日本列島大雨警戒!最新進路予想|気象庁・欧州【2015】
    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に
    シルバーウィーク前に台風20号発生!予想進路|大雨警戒
    2016沖縄と奄美の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    近畿地方の梅雨明けはいつ?2015見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・関西の過去データから
    台風の量産工場モンスーンジャイア?北海道上陸と10号逆走の原因
    台風17号は元ハリケーン?越境台風12号|現況と進路予想【2015】 
    台風18号が名古屋直撃へ!その後は?最新情報と予想進路
    今年一番の強さになった台風13号が900hPaに!最新進路予想
    元台風13号が前線を引き連れ50年に一度の大雨!お盆の天気はどうなる?
    2016年の九州地方の梅雨入りはいつ?気象庁の過去データから予想
    四国地方の梅雨明け2015年はいつ?予想と見解を気象庁とウェザーニューズに過去データから
    台風12号の進路予想は奄美大島を直撃して東よりに|現況と暴風域に入る時間|2015年
    2015年の関東地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    2015年の東海地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑