スマホでイルミネーション撮影|フラッシュ必要?自撮りで顔をキレイに!

150906_illumination_satuei_iphone


秋から冬にかけて、鮮やかなイルミネーションがどんどん増えてきますよね(^^)
そして、綺麗なイルミを見たら、別に写真が趣味じゃなくったって、スマホでパチリと写真を撮ってしまう方も多いハズ。
しかし!後になって、その写真を見てみると、「何コレ?」って感じの写りであることがほとんどなのではないでしょうか?

そこで、①スマホで手軽にキレイなイルミネーションを撮影する方法 ②フラッシュの要否 ③イルミバックにしてのフロントカメラでの自撮りで顔を明るく写す方法 をご紹介していきます。

Sponsored Link

スマホでイルミネーションをキレイに撮影する方法

夜、暗いところでiPhoneなどスマホで写真を撮ると、自動的に遅いシャッタースピードになりますよね。
シャッターのボタン押してから〝カシャッ〟っていうまでが遅くなるやつです。
このシャッタースピードが遅いと、ブレが出てきます。
せっかく、キレイなイルミネーションを撮っても、ブレブレで何コレ?状態。

そこで、大活躍するのが三脚です!
三脚といっても、ゴッツイのではなくって、こんなヤツ
     ▼

いろんな所に自在に取りつけることが出来ます(^_^)/~
iPhoneでもxperiaでもgalaxyでもOKです。

そして、普通はスマホの画面に表示されるシャッターボタンを押してシャッターを押しますが、iPhoneの場合、付属のイヤホンを使えば画面に触れずに、イヤホンのボリュームボタンで撮影できるので、更にブレを防ぐことができます。

付属の純正イヤホンはコレです。

iPhone以外はどうなのかは良く知りません。
すみませんm(_ _)m

後は、そこまでするかしないかですが、シャッタースピードを調節出来るアプリなんかを使えば、更に良い写真が撮れますね。
「カメラ 露出」、「スローシャッター」などで検索すれば、いろいろ出てくるので、お好みのを落としてみてはどうでしょうか?
私は「Slow Shutter」ってのを使っていますが、それぞれ一長一短はあると思います。
ただ、無料のやつは広告がウザすぎるのばかりなので、数百円出して最初から有料のを落とすの得策です(・з・)ノ

Sponsored Link

イルミネーションを撮るときフラッシュは必要?

イルミネーション撮影をするときに、フラッシュって必要だと思いますか?

周囲を気にしてみて見ると、フラッシュたいている人、たいていない人どっちもいますね。
これ、どうするべきか悩んだことありませんか?

答えは、 イルミネーションや夜景するときにフラッシュはいりません 

バックにイルミネーションや夜景を入れて、人を撮るときは別ですが、対象物が夜景の場合は、そもそもフラッシュが届かないです。
対象がイルミネーションの場合も、スマホのフラッシュでは届かないことが殆どでしょうし、またイルミネーション自体が光を放っているので、使わない方がキレイに撮れます。


自撮り女子必見のイルミネーションをバックに顔を綺麗に撮る方法

最近では、スマホで自撮りする風景を見ても違和感がなくなりました。
自撮り棒ってものまでありますよね。こんなやつ
   ▼

しかし、自撮りをする時って普通に撮るのと違って、フロントカメラ(画面の方に付いているカメラ)を使いますよね。
先ほど、フラッシュの話をしましたが、暗いところで人を一緒に撮るならフラッシュが必要です。

けど、 フロントカメラだとフラッシュは付いてません よね?
そう、自撮りで使用するフロントカメラは暗いとこには不向きなんです。
じゃ、反対で撮れば?ってことになりますが、リアカメラで撮ると、当然ディスプレーで、カメラが何処を捉えているのか確認できません。

そこで、この方法!
必要なのは人の顔を照らす光です。
なので、自分の顔の方を向いている スマホのディスプレーの輝度(明るさ)をMAXに して、顔の方を照らすのです(^_^)/~

150906①iphone_swipe_homegamen_kidocyousei

上記画面は、iPhone
ホーム画面で下から上へスワイプすると出てきます。
そして、太陽マークの輝度の設定を一番右までスワイプすればそれでOKです!

やることはたったこれだけ。

ディスプレーを一番明るい状態にすると、思っている以上に明るいですよ(^^)


まとめ

  • 暗いところでスマホで写真を撮ると、児童でシャッタースピードが遅くなり、ブレブレになりやすい

  • キレイに撮るこつはブレさせないこと。そのために必要なのがお手軽な三脚

  • シャッターボタンを押すときもぶれるのでiPhoneなら付属のイヤホンを付けて、ボリュームボタンでシャッターを押すことが出来る

  • シャッタースピードを遅くできるアプリを入れるのも効果的だが、無料のやつは使いにくい

  • 夜、イルミネーション撮影をするのにフラッシュは不要

  • 夜、イルミをバックに自撮りするなら、ディスプレーの明るさをマックスにして、それで顔を照らすと暗い写真にならずキレイに撮れる
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    土用の丑の節約術は?蒲焼きは鰻以外なら?関東と関西の違い
    ハロウィンってなあに?起源は?パーティーのお薦め料理は?
    神戸のクリスマスディナーショーに繰り出そう!2015年版
    林間学校のバッグ選び|容量は何リットル?泊数別の最適な大きさ
    お中元で贈ってはいけない品物7選!商品券は?生ものや冷凍食品は?
    サンタクロースからの手紙は何語で?翻訳方法は?内容と文例
    運動会で速く走れる靴は瞬足?バネの力?いえコレです!普段履きも!
    釣り好き父への父の日プレゼント厳選10選と最終手段
    年賀状印刷丸投げサービスの最安業者はココ!返事だけでも!
    明石公園お花見情報2016桜の見頃|駐車場マップ|魚の棚に明石焼き
    父の日の物以外のプレゼントは一緒にお酒を!遠方でも帰省!
    釣り好きな父への誕生日プレゼント厳選12選と最後の切り札
    お彼岸の時期っていつ?そもそも何?何故お墓参りをするの?
    「あけましておめでとう」いつまで?年賀状いつまで?新年明けましては変?
    子供の日|端午の節句の鯉のぼりは誰が買う?初節句に時期に由来は?

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑