台風13号発生は7月末では多い?進路予想|日本の南東海上?

150731_taihuu13gou_sinro_guamu_okinawa

またまた台風が発生しました!台風13号です。

それでは、昨日発生の台風13号の現況と進路予想等の他、台風の発生数についてや、台風がよく発生する日本の南東海上の諸島群などについてお話ししていきます。

Sponsored Link


台風13号発生は7月末としては多いの?

昨日、30日(木)21時頃、日本の南東海上で台風13号が発生しました。

台風13号は現在マーシャル諸島近海を、西へゆっくりと進んでおり、明後日の3日(月)頃にはマリアナ諸島あたりに進む見込みです。

ところで、今年は台風がすごく多い感じがしませんか?
いや、今年だけじゃなく、最近は毎年多い感じじゃないですか?

7月末までに台風13号が発生したのは、なんと1989年以来26年ぶり。
この年は1年で台風が32個発生しました。

7月末までに一番多く台風が発生したのは、おそらく1971年の19号、この年は年間36個。

そして、観測史上一番台風の多かった年は1967年の39個で、この年は7月末で今年と同じく13号まででした。

なんだか台風って最近、もの凄く多いって印象でしたが、記録を見てみると 発生数自体は昔から結構あった んや!って印象です。
私達の印象は、日本に近づくか上陸した台風の印象だったってことですね。

ちなみに去年は7末で12号、年間23個。
一昨年は7末で9号でしたが、年間で31個でした。

今年はどれだけの台風が発生して、どれだけ日本の方にやってくるのか気が気でなりません。

台風13号の現状と今後3日間の進路予想

それでは台風13号の現況と今後3日間の進路などを見て見ましょう

台風13号(ソウデロア)

【31日9時の実況】
大きさと強さ    -
存在地域      マーシャル諸島
進行方向と速さ   西にゆっくり
中心気圧      998hPa
中心付近の最大風速 秒速18m
最大瞬間風速    秒速25m
強風域(15m/s以上)北側280km
          南側220km

【1日9時の予想】
強さ        -
存在地域      トラック諸島近海
進行方向と速さ   西へ時速20km
中心気圧      994hPa
中心付近の最大風速 秒速20m
最大瞬間風速    秒速30m

【3日9時の予想】
強さ        強い
存在地域      マリアナ諸島
進行方向と速さ   西北西へ時速25km
中心気圧      970hPa
中心付近の最大風速 秒速35m
最大瞬間風速    秒速50m
暴風警戒域     全域480km

ソウデロア ⇒ 伝説上の酋長(ミクロネシアの言葉)


150731①taihuu13gou_keirozu_2015_guamu

Sponsored Link


日本の南東海上マーシャル、トラック、マリアナ諸島

ところで、台風が発生した頃の情報を見ていると、よく日本の南東海上とか、日本の南の海上といった言葉や、マリアナ諸島、マーシャル諸島、トラック諸島といった地名などが出てきます。
これらの諸島はいわゆる日本の南の海上から南東海上に位置するわけなんですが、どの辺にあるどんな諸島なのかご存じですか?

おおよその位置だけでも掴んでおくと、台風がどの辺で発生してどういうルートを辿ってくるのか分かりやすくなると思いますよ。

マリアナ諸島
3日後には台風13号がいそうなマリアナ諸島です。
ここは、日本でも馴染みの深いグアム島やサイパン島がある島群で、南北約800kmに連なる約15の島から構成されています。

日本と南端のグアム島との位置関係はこのような感じです。
 ・沖縄本島の南東 約2300km
 ・小笠原諸島 父島の南 約1500km
 ・日本の最南端 沖ノ鳥島の南東 約1200km

赤道などからの距離はこのようになってます。
 ・赤道から北へ約1500km
 ・フィリピン中部の東に位置するサマール島から東に約2100km

上にある台風の予想進路図の中央やや下辺りで。縦に点々と並んでる島がマリアナ諸島です。

トラック諸島
明日、近海に台風13号がいそうな辺りです。
今は、チューク諸島と言いトラック諸島は昔の呼び名。
周囲200km、248もの島々からなる世界最大級の堡礁(沖サンゴ礁)で、現在ミクロネシア連邦のチューク州の州都でもある。

赤道などからの距離
 ・赤道から北へ約800km
 ・グアム島の南東 約1000km 

マーシャル諸島
現在台風13号がいるあたりです。
マーシャル諸島全体がマーシャル諸島共和国という国で、多くの環礁(環状に形成されるサンゴ礁)を領土とする小さな島国。

赤道などからの距離
 ・赤道から北へ約800km
 ・グアム島の東南東 約2700km

ちなみに、沖縄本島から東京までの直線距離は約1500km

※ 本ページは気象庁が発表した情報を元に作成し、天気図等の画像は同庁のホームページ掲載のものを引用しています。 ⇒ http://www.jma.go.jp/jp/typh/

まとめ

  • 昨日、30日(木)21時頃、台風13号が発生した

  • 7月末で台風13号発生はそこそこのハイペース。この時点での過去最高は1971年の19号

  • 台風13号は現在マーシャル諸島近海を西へゆっくりと進んでいる

  • 明日にはトラック諸島近海、3日後にはマリアナ諸島近辺に達する見込み

  • マリアナ諸島はグアムやサイパンのある所
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    関西の梅雨明けはいつ?予想をウェザーニューズに気象庁過去データから
    3つの台風は同時発生で予想外の進路に!9号10号11号の現状と今後
    台風の量産工場モンスーンジャイア?北海道上陸と10号逆走の原因
    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に
    日本の最高気温ランキング40℃超|2015年8月の猛暑|猛暑日?真夏日?夏日?熱帯夜?真夏の気象用語
    台風15号が方向転換し西日本をロックオン|進路予想と暴風域に入る日時|2015
    大型台風10号急激Uターン|最長寿台風?進路予想は本州直撃!2016年
    近畿地方の梅雨明けはいつ?2015見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・関西の過去データから
    2015年の九州地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    台風12号の進路予想は奄美大島を直撃して東よりに|現況と暴風域に入る時間|2015年
    双子の台風15号が列島縦断か!16号は?最新情報と予想進路2015
    台風27号発生で観測史上初!台風の平年値と地方ごとの違い
    ダブル台風15号&16号が同時発生!進路予想は来週末に九州・沖縄方面!?
    2015年の東海地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    2016年北陸地方の梅雨明けはいつ?予想|雨量見解|気象庁データ

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑