台風12号が復活?熱帯低気圧と温帯低気圧と|進路予想は週末日本へ

150721_taihuu12gou_2015_bouhuuiki


先週の17日の金曜日、台風11号が四国・中国地方を縦断し、日本各地に多くの雨を降らせて行きました。

それからまだ数日で、土砂崩れ等の被害がまだ復旧していない所も多い状況ではありますが、現在、小笠原諸島の近海にある台風12号が、今週末の日曜あたりに日本に最接近、そして上陸の可能性も出てきています。

ところで、あれ?台風12号って、ちょっと前に〝消えた〟ってニュースが流れていませんでしたっけ?

Sponsored Link


消えた台風12号が復活ってどういう事?ハリケーンになるハズだった?

現在、小笠原諸島近海にいる〝台風12号〟は、 18日(木)に消えていました 
そして、 昨日20日(月)午前9時に復活 したんです(*゚Д゚)

一度消えたにもかかわらず、たった2日で復活!!
これは、台風12号は根性があるとかそんな問題ではなく、消えたといっても消滅したとかではなく、復活と言っても無くなっていたものが突然、また現れたのでもありません。

13日(木)に発達して台風となった台風12号でしたが、規模が小さくなった事によって〝熱帯低気圧〟となり、その熱帯低気圧の規模がまた大きくなって再び台風になったということです。
台風も熱帯低気圧も同じもので、その規模の違いにより人間側での呼び方が変わるというだけのことなのです。
一言で言えば、 〝台風〟とは〝風がかなり強い熱帯低気圧〟 って感じですね。

ちなみにこの台風12号、もともとはハワイ諸島の南西で発生しました。そして、そのまま発達すれば台風ではなく〝ハリケーン〟になるハズでした。
しかし、西に進路を取り続けたことでハリケーンではなく台風となったのです。
これは、北太平洋で発達した熱帯低気圧は、 東経180°より東ではハリケーン、西では台風 として扱われるからです。
つまり、この台風12号が今後、逆方向の東へ進みまた東経180°より東に行き(それは無いでしょうが)、規定の勢力を超えていれば今度はハリケーンとなるわけです。

台風と熱帯低気圧と温帯低気圧

台風と熱帯低気圧は同じものであるとお話ししましたが、ここでもう少し詳しく解説しておきますね。

既にお話ししたとおり熱帯低気圧と台風は規模が違うだけです。

熱帯低気圧とは、亜熱帯や熱帯で海から大量の水蒸気が上昇することにより空気が渦を巻いて出来る低気圧のことを言い、この熱帯低気圧が発達して 風速が17.2m/sを超えると台風 と呼び名が変わります。
ちなみにハリケーンは風速が32.7m/s以上の場合を言い、台風よりも規模が大きくなります。従って、ぎりぎり熱帯低気圧から台風になっている程度の規模の台風が東経180°を超え、東に言ってもハリケーンにはなりません。

ただ、日本の気象庁が台風を10分間平均の最大風速によって分類しているのに対し、ハリケーンは1分間平均の最大風速によって分類されています。
1分間平均風速は10分間平均風速よりも1.2~1.3倍大きく出る傾向にあるそうなので、ハリケーンの風速を日本の台風の風速の出し方で計算すると26m/s以上程度になるかと思います。
ちなみに、ハリケーンの風速32.7m/s以上というのは、国際分類で使用される数値で、台風も国際分類ではタイフーンと呼ばれるのですが、タイフーンと呼ぶには風速32.7m/s以上が必要となってきます。

熱帯低気圧と似た名称で温帯低気圧という名の低気圧をお聞きしたことがないですか?
これ、熱帯低気圧が発達して台風になって北上し、勢力が弱まったら温帯低気圧になると思われている方が結構いるようなのですが、全く違います。

台風が北上し、勢力が弱まったらまた熱帯低気圧になります。
それは、既にお話ししたとおり台風と熱帯低気圧は規模の違いで呼び名が変わるだけで同じものなのですが、温帯低気圧は、低気圧の構造が全然違うので、別物なんです。

Sponsored Link


台風12号の進路予想は週末に日本列島へ

それでは、昨日20日(月)に復活した台風12号の現況と気になる今後の進路予想を見ていきましょう。

台風12号(ハロラ)

【21日(火)9時の実況】
大きさ・強さ    -・強い
存在地域      小笠原近海
進行方向と速さ   西北西へ時速20km
中心気圧      975hPa
中心付近の最大風速 秒速35m
最大瞬間風速    秒速50m
暴風域(25m/s以上)全域90km
強風域(15m/s以上)全域280km

【22日(水)9時の予報】
強さ        強い
存在地域      硫黄島の南西約250km
進行方向と速さ   西へ時速20km
中心気圧      965hPa
中心付近の最大風速 秒速35m
最大瞬間風速    秒速50m
暴風警戒域     全域260km

※その後の進路等はコチラ
 ⇒ 台風12号の進路予想は九州方面・・・・

※これ以前の進路等はコチラの下の方
 ⇒ 台風11号は室戸上陸・・・12号は?


熱帯低気圧に戻ったりするほどで、先週の台風11号にくらべると勢力は弱いですが、今度どのようになるかは分かりません。
予想進路は日本列島へ向かってきますので、動向に注目です。


●3日後までの進路予想図150721_taihuu12gou_2015_sinroyosou


※ 本ページは気象庁が発表した情報を元に作成し、天気図等の画像は同庁のホームページ掲載のものを引用しています。 ⇒ http://www.jma.go.jp/jp/typh/

まとめ

  • 台風12号は一旦消えて、そして復活した台風

  • 消えるとは熱帯低気圧になったという意味で、復活とは台風の規模に再び育ったということ

  • 台風12号はハリケーンになるはずだったが、西に来たことで台風になった

  • 台風と熱帯低気圧は規模が違うだけで同じもの

  • 熱帯低気圧と温帯低気圧は構造が違う別もの

  • 台風12号(ハロラ)は今週末の日曜頃、日本に最接近の予想
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    元台風13号が前線を引き連れ50年に一度の大雨!お盆の天気はどうなる?
    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に
    爆弾低気圧とは?台風と何が違う?進路予想とかしないの?
    台風11号が16日夜にも四国上陸か!現況と進路予想と暴風域に入る時間帯
    超大型台風23号が東北から北海道へ|2015最新情報|米軍進路予想
    最大瞬間風速81.1m与那国島観測史上最大|ベスト10更新|どんな風?
    沖縄と奄美の梅雨入りはいつ?2016年の予想を気象庁の過去データから
    近畿地方の梅雨明けはいつ?2015見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・関西の過去データから
    台風12号の進路予想は奄美大島を直撃して東よりに|現況と暴風域に入る時間|2015年
    2015年の東海地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    大型台風10号急激Uターン|最長寿台風?進路予想は本州直撃!2016年
    台風12号の進路予想は九州方面!現況と経路|暴風域に入る日時は?|2015年
    2015大型台風23号発生|最新情報と進路と米軍予報|50年ぶり|22号も
    台風11号の進路予想は週末に西日本直撃!コースは高気圧の影響次第 12号も発生
    台風15号が方向転換し西日本をロックオン|進路予想と暴風域に入る日時|2015

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑