北陸地方の梅雨明けはいつ?2015気象庁とウェザーニュズ見解に過去データ予想

150707_tsuyu_ame_kaidan

梅雨本番な感じの余りしない北陸地方ですが、このまま、本格的な梅雨っぽさなしに、梅雨明けですかね?

現在、同時に発生している台風9号、10号、11号が北陸から見ればずっと南にある梅雨前線にどう影響してくるのかも気になります。

では、2015年の北陸地方の梅雨明け見解を見ていきましょう

2016年(平成28年)の梅雨明け予想はコチラへ
2016年北陸地方の梅雨明けはいつ?予想|雨量見解|気象庁データ

Sponsored Link


北陸地方の梅雨明けはいつ?2015気象庁見解

北陸地方の梅雨入りは速報値で6月19日頃と、平年より7日早く、昨年より14日も遅い日でした。
実はこの梅雨入り日は、とりあえずの速報で、実は確定するのは9月頃なんです。

速報値?平年?何けそれ?(´・ω・`)?って方はコチラを先にどうぞ!
  ∨
平年並みって?・・・・

気象庁は引き続き〝梅雨明けが遅れる可能性〟を発表しています。

梅雨明けが遅れる原因は、
『昨年夏から続くエルニーニョ現象が更に強まり、その影響で日本付近を西から東に流れる偏西風が平年よりも南を通過し、太平洋高気圧の発達を弱める可能性があり、その結果、梅雨前線の北上が緩やかになり、全国的に梅雨明けが遅くなる可能性がある。そして、7月は平年よりも曇りや雨の日が多く、8月は日本海側で平年よりも雨が多い。』
とのことです。

ただ梅雨前線は、北陸地方からするとかなり南の方で、一気に押し上がらずに、ダラダラ停滞している感じなので、梅雨前線の影響を余り受けず、雨が少な目の状況となっています。

そんな北陸地方の梅雨明けの平年値は7月24日、
梅雨明けまでの雨量も気になるところですが、梅雨明け自体は、今年は、ちょっと遅くなりそうです。

それまでの雨量は、梅雨前線が今の位置に長く停滞し、その後一気に北上し弱まっていくのか、それともじわじわ前線の位置が北にずれてくるのか・・・
なんとも言えませんが、台風の影響も関係してくるでしょう。

ちなみにエルニーニョ現象とは
「太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で、海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象」で、
発生海域だけでなく、世界的な異常気象の原因となります。

Sponsored Link


北陸地方の梅雨明けはいつ?平成27年ウェザーニューズ見解

それでは気象庁に続き、民間気象情報会社世界最大のウェザーニューズの見解を見てみましょう。

東日本としての予報となりますが、
『上旬・中旬は梅雨前線が停滞して、曇りや雨の日が続き、湿った空気の流れ込みや寒気の影響で雷を伴った激しい雨になることもある。また、湿った空気が流れ込んで梅雨末期の大雨になる恐れあり。梅雨明け後の日本海側は、前線の影響で曇りや雨の日はあるが、日を追う毎に日差しが届き、気温は平年並みで夏らしい厳しい暑さに。』
といった感じです。

そして、ウェザーニューズはズバリ梅雨明け予想をしています。

そんなウェザーニューズが予想した北陸地方の梅雨明けは!ヽ(゜∀゜)


7月30日

平年より6日、昨年より9日遅めの予想です。

北陸地方の梅雨明けはいつ?過去データから予想2015

それでは、最後に過去のデータを適当に駆使し、私が予想してみます( ̄ー ̄)

こんな感じの予想方法です ρ(._.〃) 根拠は特にありません。

まず、1951年から去年まで64年間の梅雨入りで、今年の北陸地方の梅雨入り速報値6月19日の前後3日の6月16日~22日だった年をピックアップします。

そして、ピックアップされた年の梅雨明け日を拾い出し、その平均を取って、それを予想日とします。ただ、それだけの事で予想します。

北陸地方 6月16日~22日に梅雨入りした年
年    梅雨入り   梅雨明け
1964年  6月20日  7月22日
1965年  6月19日  7月25日
1968年  6月16日  7月20日
1984年  6月17日  7月22日
1986年  6月16日  7月27日
2007年  6月21日  8月01日
2008年  6月19日  8月06日 
2011年  6月18日  7月09日
2013年  6月18日  8月07日

該当日は64年中、9年でした。
結構、早く明けたときから遅く明けるときまで、波がある感じです。

そして、梅雨明け日の平均を取ると26日でした。

以上から、私の予想する今年の北陸地方の梅雨明けは


7月26日

これがバッチリ当たったら、褒めておくんねの( *´艸`)

※追記
北陸地方の梅雨が明けました 7月21日でした。
結構遅い梅雨入りで、早めの梅雨明けでしたね。

まとめ

  • 今年の北陸地方の梅雨入りは6月19日と平年より7日遅かった

  • 今年の北陸地方の雨量は、今のとこ少な目だが台風の影響で左右しそう

  • 気象庁は梅雨明けが遅れる可能性を示唆している(平年は7月24日)

  • ウェザーニューズの北陸地方の梅雨明け予想は7月30日

  • 私の梅雨明け予想は7月26日
  • Sponsored Link

    おすすめ記事など

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    今年の中国地方の梅雨明けはいつ?予想を気象庁データ等から
    台風12号が復活?熱帯低気圧と温帯低気圧と|進路予想は週末日本へ
    2016年東北地方の梅雨明けはいつ?予想と雨量見解|気象庁データ
    爆弾低気圧とは?台風と何が違う?進路予想とかしないの?
    日本の最大瞬間風速ベスト10|71mってどんな?瞬間風速と最大風速と平均風速
    最大瞬間風速81.1m与那国島観測史上最大|ベスト10更新|どんな風?
    2016年の九州地方の梅雨入りはいつ?気象庁の過去データから予想
    ダブル台風24号&25号発生!進路予想は沖縄?そして関東?2015年
    台風21号石垣島の八重山列島に大接近で15号越え!?最新情報と進路2015
    ゲリラ豪雨って何?原因は?|スコールとの違い|夕立との違い
    四国地方の梅雨明け2015年はいつ?予想と見解を気象庁とウェザーニューズに過去データから
    2015年の東北地方の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    2016沖縄と奄美の梅雨明けはいつ?見解と予想|気象庁・ウェザーニューズ・過去データから
    台風11号が今夜上陸!雨、暴風、高潮、高波、進路予想は更に東に
    トリプル台風が梅雨前線を刺激する?9号10号11号の進路を過去と比較

    Menu

    HOME

    TOP

    Back to Top ↑